中山成彬が小池新党を批判「小池と細野の連携、自分ファーストだ」→嫁の恭子に連れられて小池に命乞い


中山成彬が小池新党を批判「小池と細野の連携、自分ファーストだ」→嫁の恭子に連れられて小池に命乞い

日本のこころの中山恭子代表と中山成彬前衆議院議員が8月の時点で、小池新党との連携を模索する細野豪志議員らを批判していた事が判明した。中山成彬前議員は24日、妻である中山恭子代表と共に小池都知事のもとを訪れ合流を打診、小池新党からの衆院選へ出馬するものと見られる。
↓8月10日の投稿


↓9月25日の投稿


中山恭子代表は9月13日に日本のこころ代表に再選し、2年間の任期がスタートしたばかり。支持者への裏切りと騙し討ちだ。政党支部にも未だに連絡がないらしい。

スポンサーリンク

議員であることを最優先する

中山成彬前衆議院は元自民党で大臣も歴任した人物だが、自民党の黒歴史の一つにもなっている。
2008年9月に僅か4日で国土交通大臣を辞任し、10月4日には次の衆院選の不出馬と引退を表明したものの、表明から2週間もたたない10月16日には引退を撤回した。この騒動に対し党内から批判が噴出し、当時の古賀誠選対委員長にも出馬を認められなかった。
2010年には妻である中山恭子と共に「たちあがれ日本」に入党し、公認候補として7月の参院選に立候補したが落選した。選挙後の8月には自民党本部からは除名の処分を受けている。
※この除名処分がネックなら、成彬氏が単独離党さえすれば、中山恭子含む日本のこころが全員で自民に合流できたかもしれない

その後、たちあがれ日本と日本維新の会の合流に参加するが、分裂した際には石原慎太郎率いる次世代の党に参加し、党名変更を経て「日本のこころ」に所属した。この間の選挙に関しては2度出馬し、いずれも落選している。

中山成彬前議員は、経歴からも解るように保守の中でも極端な右派である。妻である中山恭子代表が、拉致被害者奪還の象徴のような議員であることから、熱心な支持者も多く、8月に小池新党を批判した際には500以上のアカウントからリツイート拡散がなされた。

しかし、自分はどうだろう。あれだけ敵対した自民党と民進党の議員が、思想も信念もなく野合した小池新党に合流。妻である中山恭子代表に連れられて、議員復帰のために小池百合子に命乞いのような事をして恥ずかしくないのだろうか。
この合流について「中山恭子さんが決めたのなら仕方ない」「拉致被害者奪還のため」という声が散見されるが、こうなると政治ではなく宗教である。中山恭子代表を拝んでいても拉致被害者は還ってこないし、新党合流で拉致問題がどう進展するかも具体的な話は一つもない。
拉致問題を錦の御旗に、自らの政治生命を引き延ばすことを正当化しているに過ぎないだろう。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」但し60名が複数回参加

あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」





最近の記事

  1. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  2. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  3. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  4. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  5. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職
  6. 【沖縄】三宅洋平が暴言「プロパガンダで辺野古NO!とか言ってるおめでてーのがのがいるなら俺が●す」
  7. サムスンが「Supreme」とコラボを発表→偽ブランドでした!米国本家からのツッコミで発覚も無視
  8. 日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」
  9. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場
  10. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP