海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件


海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件
22日に投開票が行われた衆議院選挙で落選した、日本共産党の池内沙織氏の応援演説に、松竹芸能の海原はるか師匠が駆け付けた・・・と思われたが、その正体はマルクス経済学者の金子勝教授であったことが判明した。


↓コチラは本物の海原はるか師匠


スポンサーリンク

選挙結果より党内序列で議席が決まる

海原はるか師匠(正体は金子勝)の応援もむなしく、池内沙織氏は落選。
前回選挙では公明党の太田明宏氏に惜敗率50%と惨敗したが、比例復活で初当選した。
今回は、ついに与党公明党の元代表に小選挙区で勝てるかも知れないと注目を集め、かなり肉薄したようだが力及ばず。大物候補相手に惜敗率は70%と前回よりも善戦、共産党候補としては驚異的な得票であったが、日本共産党が大幅に比例票を減らしていたため比例復活も叶わなかった。
共産党の比例東京ブロックでは、名簿順1位の笠井亮氏が比例単独で当選、2位の宮本徹氏が小選挙区落選からの復活当選となった。宮本徹氏に関しては東京20区で自民党候補に惨敗し惜敗率50%と池内沙織氏の成績には遠く及ばなかったが、惜敗率ではなく党内序列で名簿順を組む日本共産党のルールに泣かされる形となった。
小選挙区の候補としては、日本共産党トップクラスの集票力を持つ池内沙織氏も、日本共産党の独裁的ルールの中では議席すら与えられないということだ。

ただし、象徴選挙区で大物と対決していただけにマスコミにも注目され、日本共産党内では常識のフライング選挙活動までもが注目されてしまい、当選していたとしてもいわくつきの議員となっただろう。
関連:共産党・池内さおり議員が公選法違反か?公示前に名入りタスキで街宣活動、志位委員長も選挙戦と認める

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

自称・安倍首相と接戦の黒川敦彦さん、得票率5%で供託金没収!今後は「モリカケ全国ツアー」で托鉢行脚自称・安倍首相と接戦の黒川敦彦さん、得票率5%で供託金没収!今後は「モリカケ全国ツアー」で托鉢行脚

時事通信慌ててタイトル変更?東京新聞の佐藤圭が自民・保岡氏の膵臓がん治療を政権批判に利用し大炎上!東京新聞・佐藤圭記者が自分の暴言投稿をこっそり削除して→「俺は麻生の妄言・暴言を徹底的に批判した」





最近の記事

  1. 室井佑月ら左翼がデマ拡散「日本政府が日の丸マスクを配布」→毎日新聞の印象操作でした!町山智浩氏は謝罪して撤回
  2. そうでしたっけ?フフフ れいわ新選組・太田和美の事務所ポスターが「ピンクビラ」みたいだと話題に
  3. 沼津市のラブライブ観光PRを嘲笑した共産党・かわの祥子さんがツイッター投稿削除→炎上やまずアカウントに鍵
  4. お宝動画発掘!あの福島瑞穂さんがキレッキレのダンシングクイーンだったことを君たちは知っているか?
  5. やっぱり捏造だった→朝日新聞の『米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に』こっそりお詫びと訂正
  6. 動画検証!福島瑞穂「帰れ!と大声で罵る茂木大臣。パワハラそのもの」→野党のヤジから官僚を助けたシーンをカット編集、悪質な印象操作
  7. やったぜ!立憲民主党公式「内閣支持率:続落26%」→残念!2017年の記事でした、有田芳生さんも釣られて投稿
  8. 今井雅人さん森法務大臣の本を掲げ愛を叫ぶ「そのあなた!どこ行っちゃったんですか!」大臣「胸が痛かったです」
  9. 蓮舫さん「匿名で自民党幹部がANAホテルを使わないと公言した」←匿名なのに公言とはこれ如何に?
  10. KSLマガジンvol.9 辻元清美議員の「忘年会で買収疑惑」は誤報!桜を見る会追及ロジックと同じ構図



最近の投稿

PAGE TOP