海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件


海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件
22日に投開票が行われた衆議院選挙で落選した、日本共産党の池内沙織氏の応援演説に、松竹芸能の海原はるか師匠が駆け付けた・・・と思われたが、その正体はマルクス経済学者の金子勝教授であったことが判明した。


↓コチラは本物の海原はるか師匠


スポンサーリンク

選挙結果より党内序列で議席が決まる

海原はるか師匠(正体は金子勝)の応援もむなしく、池内沙織氏は落選。
前回選挙では公明党の太田明宏氏に惜敗率50%と惨敗したが、比例復活で初当選した。
今回は、ついに与党公明党の元代表に小選挙区で勝てるかも知れないと注目を集め、かなり肉薄したようだが力及ばず。大物候補相手に惜敗率は70%と前回よりも善戦、共産党候補としては驚異的な得票であったが、日本共産党が大幅に比例票を減らしていたため比例復活も叶わなかった。
共産党の比例東京ブロックでは、名簿順1位の笠井亮氏が比例単独で当選、2位の宮本徹氏が小選挙区落選からの復活当選となった。宮本徹氏に関しては東京20区で自民党候補に惨敗し惜敗率50%と池内沙織氏の成績には遠く及ばなかったが、惜敗率ではなく党内序列で名簿順を組む日本共産党のルールに泣かされる形となった。
小選挙区の候補としては、日本共産党トップクラスの集票力を持つ池内沙織氏も、日本共産党の独裁的ルールの中では議席すら与えられないということだ。

ただし、象徴選挙区で大物と対決していただけにマスコミにも注目され、日本共産党内では常識のフライング選挙活動までもが注目されてしまい、当選していたとしてもいわくつきの議員となっただろう。
関連:共産党・池内さおり議員が公選法違反か?公示前に名入りタスキで街宣活動、志位委員長も選挙戦と認める

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

自称・安倍首相と接戦の黒川敦彦さん、得票率5%で供託金没収!今後は「モリカケ全国ツアー」で托鉢行脚自称・安倍首相と接戦の黒川敦彦さん、得票率5%で供託金没収!今後は「モリカケ全国ツアー」で托鉢行脚

時事通信慌ててタイトル変更?東京新聞の佐藤圭が自民・保岡氏の膵臓がん治療を政権批判に利用し大炎上!東京新聞・佐藤圭記者が自分の暴言投稿をこっそり削除して→「俺は麻生の妄言・暴言を徹底的に批判した」





最近の記事

  1. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  2. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  3. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  4. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  5. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  6. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  7. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  8. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・
  9. 蓮舫と矛盾?立憲・長妻昭「国民全員が年金だけで生活できるということではない」反町理「えっ!?(政府と)違いがない?」
  10.  2018年10月6日午後6時頃、広田被告は運転するSUVで市内の無職男性(69)をはね、道路下の側溝に転落させたが救護をせず逃走。翌日の7日午後5時37分ごろに側溝に頭を突っ込んでうつぶせになって死亡しているのが見つかった。



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP