パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ


パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ

民進党の小西洋之・杉尾秀哉両議員が財務省を訪れ、森友の決裁文書を求めたが開示されず、担当の理財局からは鍵をかけて締め出されたというニュースが流れている。ニュース動画では、締め出されて苦笑する両議員の映像が使われているが、この前に職員を1時間に渡り問い詰めた際の写真がコチラ。
パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ
怯えて手を膝の上に置いて凍り付く職員を睨みつけ、腕組みをしてふんぞり返っている。

役人の人権は無視、マスコミには媚びる民進党

野党議員が財務省の対応に不満を持つのは仕方のないことではあるが、職員を恫喝するような態度で問い詰めるのはパワハラ以外の何物でもない。人と対面するにあたって、腕を組みふんぞり返り、相手を睨みつけるようなことは議員にあるまじき態度である。
職員にはこのような高圧的な態度をとっておいて、小西洋之議員はマスコミのカメラが入るところではニヤニヤとしてインタビューに答えている。


出典:Mi2さんのツイート

民進党議員お得意の直撃訪問シリーズであるが、わざわざマスコミ各社に連絡して財務省の向かう途中からカメラを回させるあたり、パフォーマンスと言われても仕方ないだろう。文書が開示されないことも期待していたとしか思えない。
杉尾秀哉議員も、怯えて手を膝の上に置き凍り付く職員の写真を撮らせ、それをフェイスブックにアップするという悪趣味なことをしているが、これも有権者から見たらイメージが最悪であることを理解していないようだ。

例の森友の決裁文書が財務省にもあるというので、同僚の小西議員と共に財務省へ。ところが、出してくれるはずだったコピーが、急に「渡せない」という話になり、一時間近く押し問答。それでもラチがあかず、担当の理財局まで行きましたが、部屋はカギが掛かっ…

杉尾 ひでやさんの投稿 2018年3月6日(火)

彼らにとっての官僚に人権は無く、何をしても許されると思っているのだろう。
かつて蓮舫が松岡農水相を自殺に追い込んだように・・・
関連:後藤議員だけじゃない!蓮舫は相手が自殺するまで恫喝を続けていた
関連:和田政宗議員「朝日新聞が別の文書を取り違え?」朝日の指摘内容と一致する全く別の決裁文書が公開される

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

元毎日新聞記者「安倍首相が辞意表明、天皇陛下に近い筋からの情報」昨年は「末期癌で余命3か月」のデマ元毎日新聞記者「安倍首相が辞意表明、天皇陛下に近い筋からの情報」昨年は「末期癌で余命3か月」のデマ

有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

  1. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠「10枚来た」初鹿明博議員は団体と写真撮影、支持者(後援会長?)がSNSで参加の謝辞

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP