有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」


有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」

6日、審議拒否での参院予算委員会の開会を見送った野党御一行が、渦中の近畿財務局を突撃するパフォーマンスをマスコミに披露している。森友学園への国有地売却の決裁書類が、何者かによって書き換えられているという疑惑を朝日新聞が報じたことを受け、原本を確認するためだという。
同日、近畿財務局を訪れたことをツイッターで報告する福島瑞穂参院議員に対し、ジャーナリストの有本香氏はこうツイートした。
『朝日新聞社へも乗り込んで「記事のエビデンスを出せ」と迫っていただけませんか。』

正論である。
疑惑を報じた朝日新聞に立証責任があり、その根拠とした書類を提出させるべきだ。

スポンサーリンク

朝日新聞は書類を入手していない?

この問題は、最初に報じた朝日新聞社の大スクープと言われているが、実は朝日新聞側は「書類を入手した」とは発表していない。2日の記事での表現はどれも曖昧なもので、外部からの情報提供を「確認した」としか書いていないのだ。

 学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという
内容が変わっているのは、2015~16年に学園と土地取引した際、同省近畿財務局の管財部門が局内の決裁を受けるために作った文書。1枚目に決裁の完了日や局幹部の決裁印が押され、2枚目以降に交渉経緯や取引の内容などが記されている。
朝日新聞は文書を確認。契約当時の文書と、国会議員らに開示した文書は起案日、決裁完了日、番号が同じで、ともに決裁印が押されている。
出典:森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える:朝日新聞デジタル

このように、朝日新聞は「関係者によると」「確認した」としか書いていないのだ。通常は、「コピーを入手した」と書くはずが、それを意図的に避けているように見える。

日本においては、疑いをかけた側に立証責任があるのだが、どうも野党は説明責任を盾に、疑われた側に立証責任を求める傾向がある。財務省に乗り込むのもいいが、発端となった朝日新聞の報道が信用に足るものかどうか、朝日新聞に説明を求めることが先ではないだろうか?

関連:パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ
関連:和田政宗議員「朝日新聞が別の文書を取り違え?」朝日の指摘内容と一致する全く別の決裁文書が公開される

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけパワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ

毎日新聞記者が新燃岳爆発的噴火に「迫力。」楽しそうに投稿、毎度おなじみ総合デジタル取材センター所属毎日新聞記者が新燃岳爆発的噴火に「迫力。」楽しそうに投稿、毎度おなじみ総合デジタル取材センター所属





最近の記事

  1. 区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿
  2. 米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」
  3. 【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選
  4. 千原せいじ「俺が韓国国民だったら恥ずかしい、隣の国の紙幣変わって腹立つ国が地球上にあるんやろか?」
  5. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  6. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  7. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  8. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  9. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  10. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP