農薬混入の容疑者はクワガタ・カブト飼育者だった・・・とにかく一旦落ち着こう。


逮捕されたのはクワガタ・カブトのブリーダー。

マルハニチロの子会社、アクリフーズ群馬工場で製造された冷凍食品に農薬「マラチオン」が混入していた事件。

このなかで、クワガタやカブトムシを熱心に飼育していたという事が報じられていることに対し憤る人が多いようだ。
憤りの主な内容は「クワガタブリーダーを変人扱いか?」「クワガタ飼育を犯罪と結びつけるな!」といったものである。
しかし、報道各社の記事を読む限りでは、そのような表現は見当たらない。
客観的に本人の人物像や社会との関わり合いを取材した結果、バイクとクワガタ・カブトの事が一例として挙げられているに過ぎない。
バイクの改造費に関しては一部報道では「浪費」と批判的に扱っているが、クワガタ・カブトムシの飼育に関しては「副業」として報じられている。

スポンサーリンク

憤りを感じてしまう心理

記事にはクワガタ飼育者への偏見と思われる記述がないにもかかわらず、何故憤りを感じてしまうのか。
それはズバリ、憤りを感じる本人こそが「変わった趣味」という自覚があるからです。
こういった反応は、話題にされただけで「バカにされた」と感じる自意識過剰な反応とも言えます。
世間の反応がクワガタ飼育を特異なものとして扱っているというのは事実だが、クワガタ飼ってるから「犯罪者確定」とかまで思っていないでしょう。

クワガタ飼育者が思う「クワガタ飼育者」

私もクワガタやカブトムシを飼うもののひとり。
こういったサイトやオークションまで運営しているので、それなりにコアな部類でしょう。
そんな私から見たクワガタ飼育者は…

変わってます

全ての人が変人なわけではありません。
しかし、変人が入って来やすい趣味の世界であることは間違いありません。
なにより、クワガタ飼ってる人には多少なりとも
「でや!オッちゃん変わっとるやろ?」
みたいな心理はあるし「クワガタ飼育舐めんじゃねー!」みたいな反応も多々見られ、結構な変人だと思うのです。

視点を変えて見ましょう!

では、逆に「クワガタ飼ってるなんて普通」とか「爽やか」みたいな反応されたらどうでしょう?
こちらのほうがよほど気持ちが悪いです。
これでは前述の「でや!オッちゃん変わっとるやろ?」的マインドが傷ついてしまいます。

結局、虫のイメージなどを考えると社会的には「変わった趣味」と見られることは避けられないし、特にクワガタ・カブトムシの飼育者に関しては販売もしている方が多いので、特に変わってる人に見られるのです。
クワガタ・カブトムシを売って収入を得るなんてのは、子供の見る非現実的な夢の代表格だったりします。
自分が人とは変わった趣味である自覚がなかったり、それを過剰に美化してしまうと虫に興味がない人や嫌いな人を不快にさせることもあります。
ファミレスとかで虫のトレードや品評しちゃうのも、一般人からみたらドン引きで、場合によってはお店に迷惑かけますからね。

変人の自覚って大切です。

こちらの記事も併せてどうぞ。
クワガタに鼻挟ませる…山梨の高校野球部で暴行

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

アマミマルバネ、アマミシカクワガタ採集禁止に、徳之島でも指定される

独自のSNS「KSL昆虫フォーラム」を設置しました。




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 共産党が隠蔽・改ざん!麻生大臣をブタで擬人化したマンガ「臭いものにブタ!」のコマをこっそり差し替え再公開
  2. 元SMAPのテレビ出演にジャニーズ事務所が圧力?公取委が注意←応じた民放の責任をジャニーズ出演の報道番組はどう伝えるのか
  3. 共産党に大ブーメラン!麻生大臣を「ブタ」で擬人化するマンガを公開→批判受け削除、自民党の冊子より悪質な内容
  4. 【改憲・広島代理戦争】鈴木宗男の街宣中に自民・河井あんりがバッタリ!ムネオ節で「河井支持」呼び掛け改憲勢力が結集
  5. ブーメラン蓮舫「子供を産んだかどうかで女性を評価するな!」→有本香「女性候補者が◯児のママ、子育て経験を選挙の売りにしてるよね?」
  6. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  7. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  8. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  9. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  10. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP