立憲・枝野代表、レーダー問題「政治問題化をせず」渋々言及、一方の韓国は「秀吉の朝鮮出兵」を持ち出す


立憲・枝野代表、レーダー問題に渋々言及「我が方に理がある」一方の韓国は「秀吉の朝鮮出兵」を持ち出す

 立憲民主党の枝野幸男代表は19日、韓国海軍によるレーダー照射問題について記者団に対し「明らかに我が方に理があると思っている」と語った。しかし、韓国に対する批判などはなく政治問題化することを懸念するなど、むしろ日本政府側の対応に注文をつけるような内容だ。

枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)
(海上自衛隊の哨戒機に韓国海軍の駆逐艦が火器管制レーダーを照射したとされる問題について)これは政治問題化をせず、実務的に粛々と事実関係を明らかにしていけば、いま我々が承知している範囲では、明らかに我が方に理があると思っている。できるだけ粛々とやっていく方が、国際社会の理解も得ながら、あるべき結論に近づいていくのではないか。(鹿児島市内で記者団に)
出典:レーダー照射問題「我が方に理がある」 立憲・枝野氏:朝日新聞デジタル

 これまで、立憲民主党はレーダー照射問題に言及しておらず、問題に対する認識を疑う声がネット上では多く見られた。今回は記者団に囲まれ渋々答えたのだろう。

スポンサーリンク

韓国側は秀吉の朝鮮出兵まで待ちだすまでに

 この問題は枝野代表の言うような「我が方に理がある」というレベルではなく、韓国側が一方的に火器管制レーダーを照射しその後の説明も二転三転するとう極めて悪質な軍事挑発である。
 これまで数々の嘘を重ねてきたが、ことごとく日本政府と防衛省に論破され追い込まれた韓国国会の国防委員長は、ついに400年以上も前の「文禄・慶長の役」いわゆる“秀吉の朝鮮出兵”を持ち出し安倍首相を批判する狼狽ぶりを見せている。

 韓国国会の安圭伯(アンギュベク)国防委員長(与党、共に民主党議員)は18日、声明を発表し、レーダー照射を否定したうえで、哨戒機が危険な低空飛行をしたとする韓国側の主張をそのまま紹介。「日本政府は仮想の事実で韓日関係を悪化の道に追い立てている」と訴えた。

 そのうえで「安倍晋三首相は事件の前面に出て、葛藤を助長している」と主張。「平和憲法改定を通じて戦争が可能な国家を作ろうとする日本の極右勢力の目標を考えた場合、内部の葛藤を外部に向けるため、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を起こした豊臣秀吉と重なってみえる」とした。
出典:「安倍首相は秀吉」韓国国防委員長、レーダー問題で批判:朝日新聞デジタル

 これだけ世界に恥を晒しても、未だに韓国国内世論に訴えかけることに終始する”いつもの”パターンであるが、枝野代表には「どちらが政治問題化しているのか?」と、よく考えてコメントして欲しいものだ。

関連:【レーダー照射】東京新聞「矛を収めよ、韓国を追い詰め結果的に問題をこじらせた」←韓国に頼まれたの?
関連:玉川徹「田母神さんがレーダー照射は危険ではないと」伊藤元海将「嘘です」羽鳥「海将が危険と言ってる」

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

維新・足立康史議員がNHK森友報道に苦言「社長は地中ゴミはあると明言した。NHKしっかり報道しろ」維新・足立康史議員がNHK森友報道に苦言「社長は地中ゴミはあると明言した。NHKしっかり報道しろ」

また東京新聞・望月記者が嘘「ハンストの元山さんの質問で長官は笑ってた」←笑われたのは望月記者でしたまた東京新聞・望月記者が嘘「ハンストの元山さんの質問で長官は笑ってた」←笑われたのは望月記者でした





最近の記事

  1. 区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿
  2. 米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」
  3. 【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選
  4. 千原せいじ「俺が韓国国民だったら恥ずかしい、隣の国の紙幣変わって腹立つ国が地球上にあるんやろか?」
  5. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  6. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  7. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  8. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  9. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  10. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP