オオクワガタ交雑問題に言及しても「圧力」なんてないよ?


本来なら某ブログの多々ある問題をまとめて記事にしてもよいのですが、問題の焦点を散らされそうなので個々に記事にします。
また、今回の記事は「交雑疑惑」全体へのアンチテーゼでもあります。

オオクワガタ交雑問題はどれも仄めかすだけ

「オオクワガタ交雑問題」について触れているブログは多数存在しています。
しかし、どれも「私は知っている」「有名な業者から聞いた」と曖昧な言葉で濁しており、真実味がありません。
そのような「仄めかし(ほのめかし)」を行う人物の大半が「私の個体は純血です」と断言し自己や関係業者の利益になるよう誘導しています。
私個人の意見ですが、交雑実験は頻繁に行われておりその実験結果も公開されている以上、その存在や可能性を否定することはできないと思っています。
しかし、特定の個体や血統を指して「交雑」と断定するのは極めて困難です。
これらは交雑問題というよりも、信奉する有名ブリーダーを取り巻く派閥争いが根底にあるものと思われます。

なぜ仄めかすだけなのか?

最も多い理由に「圧力」があります。
私自身、数年前までは密輸に言及すれば脅迫されるということは頻繁にありました。
しかしどれもハッタリです。僕は生きてます!僕は死にましぇん!
まあ、交雑問題に関してはその兆候すら聞いたことがありませんのでご安心を。
おそらく、その血統を信奉するブリーダーが怒りの書き込みをする程度で「圧力」とはほど遠く、単にその人が打たれ弱いだけでしょう。
理論と確証をもってすれば、それが交雑であると指摘することに、なんら法的問題もありません。
相対する著名ブリーダーのどちらか一方に与する形で非難するから問題が生ずるのです。中立な立場で公平な指摘であれば問題は無いはずです。

出版社からの恩恵を捨てられない人々

圧力ではなく、出版社との関係を口にする人もいるようです。
出版社との関係悪化を危惧するならば最初から触れなければ良いのです。
散々と交雑について語っておいて重要な核心部分は「これ以上は話せません」と逃げ口上を披露。
仄めかしておいて、取り巻きが騒ぎ出すのを期待しているとしか思えません。無責任極まりないやり口です。

国産オオクワガタの交雑問題は非公式ながらも出版社と関係者の間で議論や指摘があったことは想像に難くない。それらが事実であるならば公開すれば良いし、事実が確認されず個人の名誉にかかわると判断したなら一切触れないことです。

交雑問題とどう向き合うか?

ここで今一度念を押しておきますが、私は国産オオクワガタにおける「交雑個体」は存在すると思います。個人的に極めて疑わしいと思う個体は少なくありません。
ただし、これらの疑わしいという見解に「プロは知っている」などという恥ずかしいハッタリを付け加えてはいけません。
そのような確証のない意見に耳を貸すことなく、理想とかけ離れた怪しい個体を自分自身のコレクションから外していけば良いのです。
あくまで自分自身の価値観です。「私の個体、この形が本物」などと個人の価値観をスタンダードとするような意見は傾聴に値しませんのでご注意を。

交雑を作るプロ?

またこれを自称する人が出てきてしまいましたね。
困ったもんです。これが嘘だという証拠もありませんが、逆に本当だという証拠の欠片も見せてくれません。
この類の話って数年前に話題になった「情報商材」を売っていた人物が語っていたことの丸写しですよね。
「交雑は10年前から」というところまで丸写ししちゃってます。
あれからもう何年も経っていますので、そろそろ「15年前」くらいに書き換えとかないと嘘だとバレますよっと。
特殊添加剤だとかスペシャルレシピ的なことも丸々っとパックてますね。
情報商材ってなに?ていう人は「情報商材 詐欺」とかでググってみるといいですよ。

まとめ

長々と書きましたが、証拠や論拠を示さないまま他者の個体を交雑だと批判する人物が尊敬に値しますか?ってことです。
交雑問題が事実かどうか以前の問題です。
「この個体は純血です」と謳って販売されるオオクワガタが、市価の10倍とかっだったらどう思います?
事実云々以前に「交雑疑惑」をネタに商売してる貴方が胡散臭いと思う次第です。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

幻の昆虫を発見し報道される条件→小学生であること

自称東大大学院卒へ学歴詐称疑惑の弁明方法伝授

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP