いよいよニジイロクワガタツートンカラーも怪しくなってきた件


「東大君」ことonegai_twins0811さんが都合の悪い記事をバンバン削除してますね。

スポンサーリンク

ニジイロツートンを検証してみる

彼が最初に話題になったのは「自称科学者」ではなく、ニジイロクワガタのツートンカラーなるものを販売したことです。
ニジイロ ♂ツートンカラー×♀Sグリーン 初2令5頭!
複数の方がこの出品を疑問視したのは言うまでもありません。
※本日、7月9日には彼のブログからこの出品に関する記事は削除されました

もとからニジイロクワガタは、斜めから撮影すると手前と奥で色が分かれることは周知の事実です。
私も撮ってみました。(下手くそですが)
image
左が赤で、右が緑に写っています。
そして同個体を逆から・・・
image
こんどは右が赤で左が緑です。
ニジイロのカラーが角度で変化するのは当然なんです。だってニジイロですから。
それでは、同じ個体を真上から
image
左右対称の色合いです。
屋外で撮影すると日光の加減で緑が鮮やかになるのでもっとハッキリとしたツートンが撮影できます。
グーグルで画像検索すると斜めから撮られた写真の大半がツートンになっていますね。私の下手くそな写真は不要だったかも。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8B%E3%82%B8%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%BF&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=Zse8U5PLO9CA8gWQ-IHwBQ&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1024&bih=619

しかしこんな粗悪な手法で、即決20,000円設定って無茶苦茶です。
これに関する指摘コメントには、一切返答しない構えではブログコメント欄が荒れるのは当然です。
※本日、7月9日には彼のブログからこの出品に関する記事は削除されました

ニジイロクワガタに関する見識が酷い

ニジイロに限らずクワガタ・カブト全般に疎いんじゃないでしょうか・・・

①ニジイロクワガタの考察

この中で彼は「幼虫の尻の細さ」をニジイロの不思議として挙げています。
不思議でしょうか?多数存在するキンイロクワガタ亜科は全般的にこの形状だし、ニジイロ以外でも幼虫のお尻が細くなる種は少なくないですから。

②ニジイロはクワガタかカブトムシか?

これが最も笑いをとった記事です。皆さん覚悟してご覧ください。

以前からクワガタにしてはカブトムシに似ている点が多いように感じていましたが、、、
決定的なのは前脚です。
他のクワガタは一般的に、腹部から前脚が生えています。
ニジイロは、頭部から前脚が生えています。
これは、カブトムシと全く同じです。
ニジイロはボディスタイルがカブトムシと酷似しているため、進化の過程でこのようになったのでしょう。
頭部が他のクワガタより重いので、頭部から前脚が生えた。
ケアンズという、ある意味隔離された生息地で長い年月をかけて現在の体型になったのでしょうね。

ニジイロもカブトムシも頭部から脚は生えていません。
ニジイロクワガタを裏側から撮影してみました。スゲー暴れてますが・・・
「ちょっ、マジ・・・起こせって!早く・・・マジ起こせって!飛ぶぞ?飛んでやろうか?」
image
表から見ると胸にあたる部分から1対、腹にあたる部分から2対と至って普通です。正確には裏から見て胸から3対。
裏から見た状態では各部に詳細な名称がありますが、ざっくり説明すると、顎がついてるのが「頭」、真中が「胸」、羽根の部分が「腹」やで。
ヘラクレスのあの立派な大きな角は前胸背板(胸)から、下の小さな角が頭部から出ています。
クワガタ・カブトムシの頭部と胸部を間違えるのは小学生でも問題ありのレベルです。
彼は他の記事でも「ニジイロのボディは2つに分かれている」と無知蒙昧なことを書いています。
頭から脚が生えたニジイロクワガタって彼のオリジナル血統なんでしょうか?
これで東大・東大大学院でクワガタの研究6年らしいです。
東大っていうラーメン屋がありますが、ラーメン屋さんも頭部と胸部を見分けられるのでそちらでもないですね。

③ニジイロは元々何色だったのか?

かれ曰く、ニジイロは昔々は黒だったと。
そりゃ侵入ルートと進化を辿ればその可能性があるかもしれませんが、何千万年も前の化石で鮮やかな色をしたクワガタが見つかっています。
とにかくこの人は、ニジイロクワガタが唯一無二の特殊な生物と思い込んでいるようです。
キンイロクワガタ亜科にはニジイロ以外に多種が存在し、キンイロクワガタ亜科でなくとも同様の特徴を持つクワガタは南米やアフリカなどに多数存在します。

疲れてきました・・・

「パトラッシュ… 疲れたろ・・・僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ。」

彼への突っ込みどころは枚挙に暇がないのでこの辺にしときます。
次回は彼の「小保方っぷり」得意のコピペ登用記事について書こうかな?

シリーズ化してます。
第一回ファッション理系のコピペ盗用記事ではクワガタもカブトムシも育たない。
第二回オオクワガタ交雑問題に言及しても「圧力」なんてないよ?
第三回自称東大大学院卒へ学歴詐称疑惑の弁明方法伝授
第四回国産オオクワ98ミリ、4令幼虫羽化?を本気で検証してみた

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

東大赤門国産オオクワ98ミリ、4令幼虫羽化?を本気で検証してみた

自然環境下での巨大オオクワガタ撮影動画と放虫問題





最近の記事

  1. 東京新聞・望月記者の質問原稿は朝日新聞と判明「え~、ホムルズ海峡付近での~」菅長官「www(ホルムズ海峡やで?)」
  2. 野党議員がテレビで暴露「2000万円問題はたいしたことではない」「市民連合と野党の共通政策合意は嘘」
  3. 関西生コン16人逮捕は誤報だった!→京都新聞「関西生コン支部幹部ら15人逮捕」ちょっと減った模様
  4. 岩屋防衛大臣、日韓防衛相の非公式会談「会うべきと私が判断した」外交防衛委員会で自民議員から問われ答弁
  5. 【炎上】新潟選挙区の森ゆうこ議員、地震発生直後「本気の原発ゼロへ!」→津波注意報解除後「津波に気をつけて」
  6. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  7. 弁護士が和田政宗議員を誹謗中傷、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」
  8. 本当に消えた?水中脱出マジックで人が消える→そのまま現れず行方不明として警察が捜索
  9. 猫耳大臣?会見生継中に猫耳アプリが起動するハプニング!あっという間に世界中に拡散される
  10. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP