【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に街宣車「比例は日本共産党 、選挙区は須山初美」禁止されている投票の呼びかけ


【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に選挙カー「比例は日本共産党 、選挙区は須山初美 」

 7月に予定される参院選で、日本共産党の街宣車が愛知選挙区から出馬する共産党候補の名前と比例投票先を連呼する様子が撮影された。公示前に投票を呼び掛ける行為は認められた政治活動ではなく「事前運動」として公職選挙法で禁止されている。

 完全に「比例は日本共産党 、選挙区は須山初美」とアナウンスしている。これが許されるなら資金力・組織力のある既存政党、特に自民党が通年で投票を呼びかけることができる。こういったことを防ぐために公職選挙法では事前運動を禁止しているのだ。

スポンサーリンク

愛知選挙区では立憲民主党も違反?

 愛知県選挙区は6年前の選挙で酒井庸行(自民)大塚耕平(民主)薬師寺みちよ(みんな)の3名が当選しているが定数は4に増えている。順当にいけば酒井庸行(自民)大塚耕平(民主→国民)が有力、さらに薬師寺みちよ(みんな→自民)は衆議院への鞍替えで出馬を見送ることが決まっている。次点であった本村伸子(共産)はすでに2017年衆院選で当選しており現職だ。残りの2議席を各党が争う様相になっている。自民党が複数候補を立てるかは不明だが、この状態では須山初美(共産)と田島麻衣子(立憲)は当選圏内とも予想され力が入る。

 冒頭動画で名前のあがった須山初美予定候補と争う田島麻衣子予定候補も、公示前であるにもかかわらず氏名入りタスキを掛けて活動をしている。予定候補の氏名入りタスキは認められない文書図画であり、これも事前運動にあたり与党系ではタスキ無しか「本人」と書かれたものを使用している。
参考:立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも?

 公職選挙法は買収など犯罪性の高い悪質なケース以外は摘発されることがほとんどない。それでもルールはルールであり法律である。国会議員になろうとするものが「捕まらないなら法律を守らない」という姿勢で良いのだろうか。

関連:公選法違反「#比例は共産党」のハッシュタグを党ぐるみで拡散、小池晃書記局長・山下芳生副委員長ら現職議員も使用
関連:共産党の説明テンプレ暴露「選挙活動ではなく赤旗の販売宣伝活動」公選法違反指摘に指導部が言い逃れ指示

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」

朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました





最近の記事

  1. 岩屋防衛大臣、日韓防衛相の非公式会談「会うべきと私が判断した」外交防衛委員会で自民議員から問われ答弁
  2. 【炎上】新潟選挙区の森ゆうこ議員、地震発生直後「本気の原発ゼロへ!」→津波注意報解除後「津波に気をつけて」
  3. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  4. 弁護士が和田政宗議員を誹謗中傷、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」
  5. 本当に消えた?水中脱出マジックで人が消える→そのまま現れず行方不明として警察が捜索
  6. 猫耳大臣?会見生継中に猫耳アプリが起動するハプニング!あっという間に世界中に拡散される
  7. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  8. NHKプロデューサーを逮捕!路上で強制わいせつの疑い、炎上した番組「AIに聞いてみた」開発チーム責任者
  9. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  10. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP