ダイオウヒラタ「はぁ?自分ヒラタっすよぉ?」



またまたトンデモ説が飛び出したようです。
なんとダイオウヒラタは“ヒラタ”ではないそうです。
この驚愕の新説の根拠とは・・・

スポンサーリンク

ダイオウは学名 Dorcus bucephalus
この学名にtitanusが含まれていないからだそうです。
スジブトヒラタ D. metacostatus 、チョウセンヒラタ Dorcus consentaneus などもヒラタではないという理屈になります。
そんなはずはないんですが・・・

通説ではダイオウはヒラタ

一般的にはダイオウヒラタはジャワ島におけるオオヒラタ Docus titanus の代置種と考えられています。 D. titanus と共通祖先を持ち、ジャワ島で独自に今の形 Dorcus bucephalus に変化したという説が有力です。

当然、D. titanus だけが“ヒラタ”ではありません。
前述の通り、D. titanus 以外のヒラタはスジブト・チョウセン・アルキデスなど多数存在します。

混乱するDorcus属

そもそも、現在のDorcus属は7つの属が纏められたものです。纏められた各属は7つの亜属として分類できますが、それぞれの種がどの亜属に分類されるかは諸説あります。
オオクワガタか?ヒラタか?などの論争が生じることもあります。
Dorcus属以下の7亜属
オオクワガタ亜属 Dorcus
ヒラタクワガタ亜属 Serrognathus
コクワガタ亜属 Macrodorcus
アカアシクワガタ亜属 Nipponodorcus
サビクワガタ亜属 Velutinodorcus
アローコクワガタ亜属 Hemisodorcus
ヒメヒラタクワガタ亜属 Metallactulus
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%BF%E5%B1%9E

このうちの、ヒラタクワガタ亜属 Serrognathus がヒラタと呼ばれる亜属です。亜属は一般的な表記には使用しません。
この亜属にはオオヒラタもダイオウもスジブトも該当します。
しかし、属としてヒラタもオオクワも同じDorcus属に統合されてしまったため、認識・分類ともに逆に混乱を招いています。
一般的にD. titanus を日本語では「ヒラタクワガタ」とするのは間違いではありませんが、それぞれの種を指して「ヒラタか?」という問いに対しては、ヒラタクワガタ亜属 Serrognathus であるかどうかという問題になります。
この観点から解くとダイオウヒラタはヒラタクワガタです。
学名:Dorcus bucephalus (Perty, 1831)
和名:ダイオウヒラタクワガタ
https://ksl-live.com/wiki/insect/lucanidae/dorcus-bucephalus

オオクワとヒラタ

日本での認識に混乱が生じる原因のひとつに呼称の問題があります。
Dorcus hopei binodulosusオオクワガタ
Dorcus titanus piliferヒラタクワガタ(ホンドヒラタ)
以上のように呼称すことが一般的となっています。どちらも亜属の一般的呼称と重なっています。
日本人はどうしてもこの2種を基準としたイメージで、どちらに近いか?という判断をしてしまいがちです。
分類上は、これら2種を基準とはしていませんので分類を理解するには「和名」「呼称」ではなく「学名」をよく理解する必要があります。

誤と嘘

私も記事を書いていると、認識の誤りや誤表記を指摘されることがあります。間違いは誰にでもありますから訂正すれば良いのです。
しかし、これは「間違い」の場合です。
間違うことは悪ではありません。が悪なのです。
身の丈以上に自分を大きく騙り、偽ること。これはです。
こういった嘘に、疑義が生じ反論が出たことに対し「ブリーダーレベルの反論、自分は研究者」と、人を見下しておいて逃げ回る。決定的に嘘がバレたら記事を消す。
実に滑稽である。

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

「ハムスター釣り」問題と生き物を飼う「心構え」

ミヤマクワガタがノコギリクワガタを圧倒した?本郷儀人氏の研究に異論噴出





最近の記事

  1. 岩屋防衛大臣、日韓防衛相の非公式会談「会うべきと私が判断した」外交防衛委員会で自民議員から問われ答弁
  2. 【炎上】新潟選挙区の森ゆうこ議員、地震発生直後「本気の原発ゼロへ!」→津波注意報解除後「津波に気をつけて」
  3. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  4. 弁護士が和田政宗議員を誹謗中傷、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」
  5. 本当に消えた?水中脱出マジックで人が消える→そのまま現れず行方不明として警察が捜索
  6. 猫耳大臣?会見生継中に猫耳アプリが起動するハプニング!あっという間に世界中に拡散される
  7. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  8. NHKプロデューサーを逮捕!路上で強制わいせつの疑い、炎上した番組「AIに聞いてみた」開発チーム責任者
  9. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  10. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP