「カブトムシ養殖で儲ける」は嘘!儲かりません!その理由とは?


カブトムシ
おかしな記事を発見しました。
毎度おなじみマイナビ系が発信元のようです。
試してみたいおもしろ副業 「モーニングコール」「カブトムシ養殖」など http://news.livedoor.com/article/detail/9249565/
マイナビだけではありませんが、もういい加減「カブトムシ儲かる」みたいなデマはやめてほしい。

スポンサーリンク

光沢のあるカブトムシって?

この記事には下記のような記述があります。

普通のカブトムシでも大きく光沢のある姿に育て上げれば、ネットオークションで数万円にて落札されることも!?

聞いたことありません。
光沢へ付加価値がついてるカブトムシってなんなんでしょう?
しかも数万円という高値、私の知る限り普通種で数万円の値がつくのはヘラクレスで、それも知名度の高い一部の血統くらいです。
しかし、ヘラクレスは光沢ではありません。

以前、マイナビニュースでは明らかに取材も調査もしていない記事が堂々とアップされたことがあります。
カブトムシはスイカ食っても下痢しませんよ、マイナビさん。
今回はマイナビウーマンですが、懲りない会社です。

そもそもカブトムシの養殖では儲かりません。

養殖したからって、いったい誰が買うんでしょう。
ホームセンターや量販店、ペットショップは買い取ってくれません。
最近では大手業者が大きな設備で大量養殖し、全国に発送していて、素人が入り込める隙間なんてありません。
個人で受注して採集個体を卸す方もいますが、今からの新規参入はほぼ不可能です。
もし、個人で副業として始めるならば養殖はありえません。
養殖個体は羽化後に数が揃い販売するまでの管理が大変です。餌代に容器代はもちろんのことですが、受注を待ってるうちに死んでしまう個体も。
オークションに出品するにしても、まとめて大量に高く買ってくれる人はいません。
利益なんてありません。

ビジネスとしては野外採集が基本

個人の副業としている人は通常、野外で採集しています。
養殖飼育する経費もかかりませんし、納期に合わせて採集するので個体をストックする必要もありません。
それでも利益を出すのにはそれなりの苦労があります。
採集は夜を徹し広範囲に渡り移動しながら行いますので体力的にも厳しい。
開発などで、カブトムシが採れる場所も少なくなり、残された採集地は危険な場所である確率も高くなってきています。
不作の年や天候によっては数が揃わず、納期に間に合わずこんなことをしでかす人も。
ぐんま昆虫の森でカブトムシ幼虫盗採か?

とにかくカブトムシで一儲けなんて考えないことです。
思いつきやネットの都市伝説みたいな話を記事にするニュースサイトには騙されないように。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【ワンピース】実在の証明!首領チンジャオの動画が発見される!

【神業】ティッシュでアゲハチョウの卵から羽化を完全再現!





最近の記事

  1. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  2. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  3. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」
  4. 【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由
  5. ノザキのコンビーフ転売に公式「まだ在庫ある。転売品買わないで」→定価以下でも売れなくなり転売ヤーが在庫抱える
  6. 立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ
  7. 東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス
  8. 東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到
  9. 【対日有害活動】原口一博さん「中国は民主主義、共産党以外に党が6ある」中国共産党のお友達に教えてもらった模様
  10. 【日本共産党】3年で党員の5%が死亡と発表、党員減少の主因は老衰か?



最近の投稿

PAGE TOP