蓮舫、高井議員の風俗報道に「厳しく対処するよう申し述べた、お詫び申し上げる」→30分後「政府、与党ガー!」


蓮舫、高井議員の風俗報道に「厳しく対処するよう申し述べた、お詫び申し上げる」→30分後「政府、与党ガー!」

 立憲民主党の蓮舫副代表は15日ツイッターを更新し、緊急事態宣言下の歌舞伎町で風俗店を利用していたことが報道された高井崇志衆院議員について「私からは厳しく対処してほしいと申し述べています。不快な思いをされた方々にお詫び申し上げます。」と謝罪した。

 が、しかし。その30分後には・・・

 早速、政府批判を展開し風俗問題は”もう終わった”ことになったようだ。

身内甘く、自分にはもっと甘い蓮舫

 結果的に高井氏の離党届は受理されず最も重い処分である除籍(除名)処分となっている。だが、過去に与党や維新の議員が不祥事を起こした際には、蓮舫氏や同党の議員らは苛烈な言葉の攻撃を仕掛け、毎度のように「総理の任命責任、公認した責任」と本人以外の責任まで追及している。
 それに倣えば蓮舫氏は枝野代表や福山幹事長の進退にまで言及しなければならない。また、自身がこれまで他人に厳しかったことを考えれば副代表としての責任の取り方もあるだろう。

 今回の高井議員の件だけでなく、蓮舫氏自身も予算委員会での不真面目な態度が問題となったが指摘を無視し続けている。関わった国民民主党の2名は謝罪しているが、蓮舫氏だけは居直って謝罪の言葉を口にしていない。
参考:【動画】蓮舫が国会質疑中に無駄話でゲラゲラ笑い続ける醜態 森ゆうこは新型コロナのお悔みに親指立て「グッド!」

 過去に蓮舫氏は、政治資金問題に関する答弁で松岡利勝農水相(当時)を執拗に責め、国会内では飽き足らず本人不在の議員宿舎にテレビカメラを引き連れて押しかけ秘書を恫喝している。最終的に松岡農水相が首つり自殺をするという結末を迎えたが、蓮舫氏はなんら反省することもなく他人を激しく責め立てるパフォーマンスを未だに繰り返しているのだ。

 こういう人間に権力を持たせてはいけない。

関連:蓮舫のダブスタに後藤田正純「休校要請をすぐ撤回すべきだと言ってた方がいた。2番じゃダメなのかと同じ珍言集」
関連:蓮舫が本音投稿「感染拡大のための協力は惜しみません」→慌てて削除するも時すでに遅し・・・

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【動画】立憲・石垣のりこ「総理の動画で犬が尻尾を振っていない!」同僚の風俗通い「犬になりたい」を棚に上げ嫌味【動画】立憲・石垣のりこ「総理の動画で犬が尻尾を振っていない!」同僚の風俗通い「犬になりたい」を棚に上げ嫌味

逃亡?風俗報道の高井崇志議員のホームページが非公開に 加計獣医学部新設の功労者と発覚→ブログ全消し逃亡の過去逃亡?風俗報道の高井崇志議員のホームページが非公開に 加計獣医学部新設の功労者と発覚→ブログ全消し逃亡の過去

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP