奈良オオニュースと業界批判


先日、荷物を整理した際に古い奈良オオニュースが出てきた。

あれだけの大判カラー紙面を発行するコストと発送コストは相当な金額であったと思う。当時、すでにインターネットが普及しカタログ販売が廃れていたことを考えるとリスク覚悟の『意地』みたいなものすら感じる。
といっても営利企業である以上はメリットもあったのだと思う。
インターネットはユーザーが欲したときにいつでも開いて検索できる便利さがある。その利便性を無視してでもカタログ発行に拘るメリットとは?

スポンサーリンク

私はこう思う。
PCのブラウザでは表現できない大きな紙面で一気に魅力的な虫を見せる。買う側からすれば一気に見る高揚感。
これは欲しいものを先に決めてピンポイントに検索するネット販売では実現しにくい。
欲しい虫を探すと同時に目的以外の虫が目に飛び込んでくる→外の虫も欲しくなる、この連鎖はネット販売でも重要視されるが大型紙面には適わない。
そして紙面では『即完売』の可能性をアピールする。リアルタイムに在庫残が確認できるネットショップとは違い、早く!今買わなければ・・・という気にさせる。
またユーザーが奈良オオニュースを一種のマガジンとして購読していたのも人気の要因だ。
記事に関してはネットで十分事足りるが、あの刺激的な記事が読みたくて楽しみにしていた人も多いはず。記事目的のユーザーにも虫のリストを見せる効果は高い。

ここからは余談であるが、記事の内容について当時、かなりのバッシングがあったと記憶している。
専門誌では絶対に読むことができない同業者批判は、明らかに特定個人をターゲットにしていた事や、やったりやられたりのどっちもどっち的な冷ややか批判もあったと思う。
外国産カブトの密輸に関して摘発されたことも批判を加速させたと思う。事件や記事に関して奈良オオを庇うわけではないが、業界全体の恥部を奈良オオに全部被せようとバッシング側に回った人間もいたのではないか?
違法に持ち込まれた外国産ハナムグリなどを飼育、販売している業者やブリーダーが『放虫反対』『輸入規制反対』と声高に主張できた暗黒の時代でもあったと思う。

そういえば、うちに奈良オオニュースが届かなくなって数年が経った。今でも発行されているのだろうか?

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

極太オオクワガタは本当に人気を独占したのか?

逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見





最近の記事

  1. 長島昭久議員「お、お、おま・・・!」→カナダ人死刑判決を批判された中国「カナダは法治の精神欠ける」
  2. 立民「厚労省不適切調査を追及!」足立康史議員「不正を見抜けなかった民主党が見抜いた政府を追及する」
  3. 【ヤバい沖縄】海上保安庁のゴムボートに発煙筒で放火した男を逮捕!辺野古の器物損壊事件との関連調べる
  4. 指原莉乃「松本さんが干されますように」松本人志「指原様~」本人不在のワイドナショー問題に終止符か?
  5. 【検証】リテラのイタコ芸「市原悦子が生前語った安倍政権への怒り」←実際は「安倍政権」と言っていない
  6. プロレスラー武藤敬司、ツイッターの使い方が分からずiPadに「ツイッター」と話しかけてみた結果
  7. 【国民の敵】小西議員が自衛隊野宴で自衛官の反省文を朗読→その時、自衛官とその家族のとった行動は?
  8. 最悪!国民民主・羽田議員「靖国を参拝する会」から脱会を検討、野党統一候補になるため市民団体に媚びる
  9. 社民・又市党首「立憲民主党は政党の体をなしていない」参院選対応の遅れ批判←自分は出馬の意向すら保留



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP