【昆虫類】ツマアカスズメバチが特定外来生物に指定される


西日本新聞の報道によると、政府は9日ツマアカスズメバチ Vespa velutina を特定外来生物に指定することを閣議決定した。施行は3月1日。
ツマアカスズメバチは長崎県対馬に2012年に進入が確認され、対馬で分布を広げている。
第8回 特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類等陸生節足動物)議事録によると、木材などに付着し福岡への進入も懸念されているという。ヨーロッパでは単純計算で年間100㎞という猛烈なスピードで分布域を拡大、韓国でも年間10から20㎞のスピードで拡大している。

スポンサーリンク

昆虫愛好家への影響と指定の弊害

指定となれば、当然防除の対象としての駆除されるわけだが、ペット的な昆虫では無いため、一般の昆虫愛好家が特段気をつける必要はないでしょう。
しかしテナガコガネなどは指定された後も公然と取引され、ビッダーズ末期から現状ヤフオクでは生きた状態で出品される事がある。農水省管轄の植物防疫法でも、規制が厳しいアブデルスツノカブトなどが、法を無視する者の独占販売種のようになっている。
環境省は、ビッダーズやヤフオクでこれらが取引されていることを把握しながら、何も手を打っていない。お話を伺う機会があっても、「注視している」「危惧している」「検討する」このお役所的返答から数年、なんら形に残る行動には移っていない。これでは他の関係法令・条例同様に「規制」が付加価値となり、禁酒法がカポネを生んだ構図となってしまう。

後手に回る告知と周知

今回のツマアカスズメバチ指定に関しては二度に渡り記事にした。
【速報】第8回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類)開催
【速報】第8回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類)議事次第が公開されました
しかし、議事次第公開から2ヶ月も経たない12月には議事次第や関係資料が環境省HPから削除され、閣議決定に至るまで再公開はされなかった。
これらの削除がなぜ行われたのかは不明だが、周知もないまま規制されることが当たり前のようになっている。自治体の採集禁止条例などは施行後も自治体HPで告知が行われないなどの問題があるが、環境省も同様に告知と周知不足が否めない。

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

マック異物混入問題、サラ・カサノバ社長兼CEOは謝罪会見を回避した?

阿蘇市長が成人式で歌うのは許しておいて、若者には厳粛を求める矛盾





最近の記事

  1. 区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿
  2. 米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」
  3. 【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選
  4. 千原せいじ「俺が韓国国民だったら恥ずかしい、隣の国の紙幣変わって腹立つ国が地球上にあるんやろか?」
  5. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  6. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  7. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  8. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  9. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  10. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP