逸ノ城の変化が批判されるのは、八百長相撲の名残ではないのか


両国国技館
大相撲初場所4日目、関脇逸ノ城が立ち合いで右に変化し、大関琴奨菊をはたきこみ白星。これに対して場内は大ブーイング。北の湖理事長までが苦言を呈する事態に。

だけど“変化”のなにがいけないんでしょうか?
変化に対応できない「大関」に問題があるように思うのは私だけでしょうか。
ルールにない“決め事”は、見方によって“八百長”と捉えることもできないだろうか。

スポンサーリンク

緊張感のない立ち合いは変化がないから

逸ノ城は新入幕の9月場所でも変化する相撲で批判を浴びている。
中継を見ていましたが、あっけなくて物足りない相撲だったことは否定しません。
しかし、その「物足りなさ」は逸ノ城の変化ではなく、それに対応できず負けてしまう琴奨菊に感じる物足りなさだった。
大関ともあろう力士が、格下の関脇に変化されて簡単に負けてしまうようでは見ていて面白くありません。
そもそもルール上「変化」は禁止されておらず、小兵力士などにとっては無くてはならない戦法の一つ。小兵力士に限らず、逸ノ城のような巨漢かつ将来有望な力士も仕掛けてくるかもしれないという緊張感は、すべての力士が持つべきではないだろうか。

変化しないことで八百長を隠してきた

正面からぶつかりゃそれで良いのでしょうか?
それでは単なる「肥満対決」のようで、相撲は多様性を失っていきます。
近年は八百長問題が発覚し人気が低迷、常に疑いの目に晒される相撲界だからこそ、このような暗黙のルールを排除しなければならないのではないか。
このような暗黙のルールからは、八百長問題で話題になったあのメールを彷彿とさせる。

“立ち合いは強く当たって流れでお願いします”

立ち合いの激しいぶつかり合いによって八百長には見えず、近年まで発覚しなかったということは間違いない。

押すか引くかのかけ引きがあってこそ相撲は面白い。
それは立ち合いでも同じで、変化する側にも読まれたり瞬時に悟られるリスクはある。変化を読まれれば上体は完全に無防備、タイミングを外されれば一気に押され土俵の外へ。
変化することに無批判だと、相撲が「変化一辺倒」になるとも思えない。日々、厳しい稽古と研究を重ねる力士は間違いなく「変化」への対応をします。

伝統と格式は巨漢力士のためにあるのか

八百長事件の際にも指摘されましたが、運営のプロより相撲の実績が協会人事に強く影響する相撲協会。伝統と格式を錦の御旗に、巨漢力士や横綱クラスに有利な“暗黙のルール”が幅を利かしているように見える。
八百長事件のような、明らかな“申し合わせ”だけではなく、相撲界がそれを“八百長”やそれに類似する行為とは思っていない“悪しき慣習”がまだそこにあるのではないか。

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

すべりまくる「すべらない話」、ネタ切れなら充電期間を。

NHK「知られざるコミケの世界」に学ぶべきこと満載




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 埼玉県知事選 野党統一候補が朝鮮学校無償化に反対「拉致問題、核など我が国の脅威が継続」→共産党界隈から差別主義者認定を受ける
  2. 埼玉県知事選断念の行田邦子氏が青島健太候補(自公推薦)の支持を表明!後援会から「出馬取りやめを熟慮せよ」野党統一候補一本化の圧力か?
  3. 津田大介から未来の女性アーティストへ「トリエンナーレ以降、女性アーティストが活躍する機会が増え、セクハラも減ったそうですよ」
  4. 自衛隊イベント抗議の共産党市議「人殺しの訓練は事実」レンジャー訓練に反対した田村智子議員の発言を擁護
  5. 河村たかし名古屋市長「大村知事の自作自演。中止も検証委員会も相談なし、実行委員会開催を要望しても無反応」
  6. N国党の立花孝志代表が高須院長をブロック「対話を求める僕をブロックするなんて・・・立花先生タブスタ」
  7. NHK「全日本大失敗選手権大会」放送中に大誤報「台風10号 大阪 滋賀 三重で9人死亡」←昨年のテロップを誤って使用
  8. 中学のテストに旭日旗「世界に見せたれ!日本人のど根性」→校長「不適切な図が載っていたので回収する。迷惑をかけて申し訳ない」
  9. 器物損壊の日本共産党市議に辞職要求→本人「やめる必要はない」「違法駐車のミラーだ、謝罪はしない」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP