私が国産種も放虫するべきでないと思う理由

昆虫・生物関連

外国産の昆虫を放虫しないように呼びかける人は多い。
では国産種はどうだろうか?言及している人は少ない。

これは、外国産放虫の危険性が一定の説得力を持っているのに対し、国産種放虫の危険性を論理的に説明できる人が少ないことの表れかもしれない。
また、「外国産種放虫反対」と唱えてもそれは特定の誰かを非難している訳では無いので衝突も起きないから言い易い。対して国産種の放虫に関しては実際に活動として放虫している人も存在し、内心好ましくないと思いつつ特定個人を非難する事を避けているとも言える。

私個人の見解としては、国産種であっても放虫はすべきで無いと思っています。それは飼育個体、採集個体でも同様です。採集現地への放虫も反対です。
主な反対理由は「食物連鎖」です。これは自家繁殖個体の放虫が特に影響します。
国産種を放している人は定着を望んでいるのでしょうが、これは食物連鎖でいう捕食者(鳥など)にエサを撒いている事になります。産卵~羽化ができる環境を整えない限り定着も増加もしません。捕食されず生き残った個体も自然繁殖の個体と入れ替わるだけでキャパシティは決まっています。無益な殺生であり、場合によっては生態系のバランスを崩しかねない。
それならば「外国産も同様に捕食されるので定着しない」と主張する人がいる。これは大きな勘違いである。
前述のように、一部でも生き残ると言うことは国産個体と入れ替わる事。ましてや国産種より強健な種であれば危険度は増す。

国産種を放虫する人の主張で違和感を覚える所は、クワガタが多い森が好ましいと思いこんでいる所。自然にも適量、バランスがあり自然豊かだった数百年前だって分布というものがあったはずだ。厳しい表現になるが、年寄りの「昔はクワガタがいっぱい…」は当てにならない。触れ合う「機会」と「個体数」を混同しているからだ。
確かに開発等で棲息環境は厳しくなり、全体の個体数は減っているかもしれない。しかし元からいなかった場所、少なかった場所で個体数を増やそうとすることは人間のエゴではないだろうか?
大量に採集している人、材割り採集している人が行う放虫や環境活動など、レジャー目的としか思えない。自己が採集したいが為のレジャー施設を開発してるようなものだ。

もし、種の保存を目的とした放虫をしたいとお考えなら、専門家、自治体、土地の所有者とよく相談してほしい。
特に注意して頂きたいのは「専門家」の定義。
ブリーダーや採集家はここでいう専門家ではありません。論文を発表し公に認められた人、または関連機関に属する専門の学識者を指しています。
私自身ここでいう専門家ではありません。だからこそ「しない」方向を選択します。何かに影響を与え責任が生じる「する」を選択するのは専門家の仕事ではないでしょうか。

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

昆虫・生物関連放虫,生態系

Posted by ksl-live!