【経験者は語る】ムシキングによる昆虫ブームなんて無かったよ。


2003年から2010年にかけ大ブームとなった「甲虫王者ムシキング」が2015年夏に復活するようです。
新甲虫王者ムシキングのHP
この報を受け、虫屋さんたちのテンションが上がっているようですが、そもそもムシキングによる昆虫ブームなんてありましたっけ?
ということで、過去の記憶を頼りに真相を書いておこうと思う。

スポンサーリンク

ムシキング復活で昆虫ブームは再来するのか?

実はムシキングのブームは短く、2003年の登場からわずか3年ほどのこと。
後半の4年間は散々たるもので、後発のカードゲームに圧倒されロケーション数も激減していました。

世間ではムシキングの影響で当時、一大昆虫ブームが巻き起こったかのようなことが言われていますが、本当でしょうか?
クワガタ・カブトムシブームは、90年代後半の国産オオクワガタブーム「黒いダイヤ」から始まり、1999年の「外国産昆虫輸入開始」により爆発的なブームとなった。対してムシキングの登場は2003年であり、逆にムシキングが昆虫ブームに乗っかってきたというのが事実ではないだろうか?
一部では当時が昆虫バブルであったかのように言われているが、私の知る限りでは当時は過剰な輸入数が問題となり始め、ビッダーズオークションではダンピングのような大量1円スタートが常態化、それにより価格の下落が続き市場が自滅していた。1円で外国産クワガタが手に入ることもありました。
そもそもクワガタ・カブトムシの販売は、インターネットオークションが主流であり、18歳以下は利用不可。利用するには親を説得して落札してもらう必要があるので、ムシキングに夢中な子供が一気に流入したとは思えない。

価格についても前述のとおり。アトラスオオカブトなどポピュラーな種が高額で取引されていたのはムシキングブーム以前のことで、ムシキングブーム登場の2003年には、すでに大暴落していました。
確かにムシキングの影響で、イベントやデパートでの外国産昆虫の需要が高まりはしましたが、それに応じて輸入量も増えるので価格が高騰することはなかったのです。また、多くの購入者が温室などの市区設備を有しておらず、夏だけの限定的な販売というのも事業としては継続しにくい要因であった。夏は夏で高温が問題となり、販売する商業施設側も温度管理はしてくれず個体は弱り死亡するケースが多発、委託販売などでは歩留まりが悪く儲けになりません。

このように“ムシキングによる昆虫ブーム”の存在自体が、「昔は良かった」というノスタルジー的な妄想によるものが大きい。
今回の“ムシキング復活”で、自己の飼育個体が高騰し、ウハウハ状態が訪れるようなことは起こりえないので、無茶な繁殖は控えた方がよいでしょう。

今度はコチラが利用する番

長々と説明しましたが、ムシキングによる昆虫ブームは妄想であり、ムシキング側が乗っかって来ただけでした。今度は我々、クワガタ・カブトムシ業界がムシキングを利用する番かも知れません。
しかし、そもそも論でムシキングが大コケする可能性もあります。1月31日と2月1日にセガワールド葛西でロケテストが行われるようですが、どのような筐体とシステムなのかが注目されます。
ロケテストでは5回遊ぶと、ゲームで使える「Vガジェ」というものが貰える。ロケテスト各日異なる限定品とのことで、妖怪メダル臭がプンプンしているのも気になる。
妖怪ウォッチが大ブームだからといって、妖怪が流行ってるわけではない。
同様に、甲虫王者ムシキングのブーム再来で、昆虫ブームが来るとは限らないのだ。
ただし、指を加えて見ていても何も起こらないで、なにかしらの便乗はさせてもらって、ブームを作り上げることはできるかもしれません。私は便乗する予定。
単純に「虫」を売ることだけが儲けのチャンスではないので。

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

根拠のない可能性を語ることは科学ではない

BE-KUWA(ビークワ)54号書評





最近の記事

  1. 東京新聞・望月記者の質問原稿は朝日新聞と判明「え~、ホムルズ海峡付近での~」菅長官「www(ホルムズ海峡やで?)」
  2. 野党議員がテレビで暴露「2000万円問題はたいしたことではない」「市民連合と野党の共通政策合意は嘘」
  3. 関西生コン16人逮捕は誤報だった!→京都新聞「関西生コン支部幹部ら15人逮捕」ちょっと減った模様
  4. 岩屋防衛大臣、日韓防衛相の非公式会談「会うべきと私が判断した」外交防衛委員会で自民議員から問われ答弁
  5. 【炎上】新潟選挙区の森ゆうこ議員、地震発生直後「本気の原発ゼロへ!」→津波注意報解除後「津波に気をつけて」
  6. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  7. 弁護士が和田政宗議員を誹謗中傷、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」
  8. 本当に消えた?水中脱出マジックで人が消える→そのまま現れず行方不明として警察が捜索
  9. 猫耳大臣?会見生継中に猫耳アプリが起動するハプニング!あっという間に世界中に拡散される
  10. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP