『派閥やグループの垣根を超える』KSLブログポータルに「タイトル」が無い理由


KSL昆虫ブログポータルには、ブログタイトルが表示されません。
理由は2つあります。
ひとつは、技術的な問題。もう一つは派閥やグループの垣根を超える為。

スポンサーリンク

技術的問題

記事タイトルは取得できてもブログタイトルは取得できませんでした。全く不可能なわけではないのですが、構築できても日々の管理とブログ追加をしていくうえで、毎回記事配信の為のシステムを追加する必要があります。
ブログタイトルを取得しないのであれば、既存のシステムにブログ情報を追加するだけで登録が完了します。
一時期は技術的にクリアーできないものかと考えていましたが、今はこのままでいいと思っています。それは派閥やグループの垣根を超える為にはタイトルが邪魔だと思い始めたからです。

派閥やグループの垣根を超えるため

KSLブログポータルを構築する理由のひとつは、Yahooブログなどの有力サービスが、そのサービス内での繋がりばかりが重視され、閉鎖的になっていたからです。Yahooだろうがライブドアだろうが垣根を越えて一覧できるサービスが必要だと強く感じ、数年間苦心して今のシステムを完成させたのです。

もし、ブログポータルにタイトルが表示されたら?
自分の知り合い・派閥・グループの記事ばかりをクリックして購読するのではないでしょうか?
タイトルが表示されないことにより、その記事が誰の記事かは解りません。自分の知り合い・派閥・グループに限定されず純粋に気になった記事をクリックして普段読まないブログも読んでほしいのです。自分が書いているブログサービス以外のブログを読む機会はあまりなく、巡回するのも大変。ブログリンクなどで相互リンクすると「更新がない」「読み逃げ」などと批判されトラブルに発展することも。
そんな煩わしいことを考えなくても、一括して昆虫ブログが気軽に読めるサービスが私の理想です。Yahooなどでは、足跡を残しただけで「覗き見された」とか言われることもありますが、そんなときは「KSLブログポータルから無作為に訪問してる」と言えば良いのです。

既存のブログランキングなども、結局は人脈によるクリック依頼で成り立っているので、純粋な記事の面白さは反映されていません。素晴らしい記事を書いてるひとでも、人脈によるクリックが無ければ下位に低迷し、読まれることはありません。
一匹狼でも公平に読まれるサービスになればと、強く願っている次第です。

ブログ情報をお寄せください!

ブログポータルへまだ掲載されていないブログの情報があればご連絡下さい。
現在、livedoor、goo、ココログ、Yahooの昆虫カテゴリは自動取得しています。
アメブロやFC2などその他のブログは自動では取得できませんので、皆様の情報により個別登録しています。
また、自動取得しているブログでも昆虫カテゴリ以外に投稿されているブログは個別登録が必要となります。
各ブログサービスから配信を受け取るので、掲載にあたりブログ管理者の許可は必要ありません。
皆様の情報をお待ちしております。
https://ksl-live.com/blogportal
ブログ情報はコチラ

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

東大君が苦しそうに奇声を発しているので、なんだか可哀想に思えてきた

PS4当選は無かったことにしてくれ by SCE




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 立民・打越さく良議員「なぜ男性議員がこれほど必要かを論証して」←これは機会均等ではなく男性蔑視では?
  2. 小西ひろゆきチャレンジ!一般人が訴訟予告されたツイートを吉田康一郎区議らが再投稿「一般人を訴えて市議を訴えないのか」
  3. 京アニ放火殺人模倣か?日本会議北海道に殺害予告「焼却処分にする」アイヌ問題で講演の小野寺まさる氏ら名指し
  4. 朝日新聞の見出しに批判殺到「多国籍ジャパン 先発8人が外国出身」ラグビー日本代表外国出身選手を揶揄
  5. 河野太郎大臣「沖縄県の協力あれば辺野古移設のコスト下げられる」→沖縄タイムス阿部岳記者「強盗ガー!」
  6. 足立康史議員「フラフラなのは辻元さん。外国人献金や連帯ユニオンの問題が効いていて、酷くおとなしい」
  7. 風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪
  8. 単位もスペルも違う?韓国紙「タンザニアが竹島は韓国の領土記念コイン発行」→同国政府は発行を否定、検証からある仮説が浮かび上がる
  9. 東京新聞・望月記者「輸出管理強化で韓国からの訪日客が減った」菅長官「逆に中国から11%も伸びてるので問題なし」
  10. 野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP