昆虫を配るボランティアと注意点


陸前高田へ 子どもたちにカブトムシ 大分合同新聞

素晴らしい活動ですね。
こういった活動には重要なポイントがあります。
それは、昆虫愛好家の目線だけで物事を判断しないことです。
昆虫を送れば皆、喜ぶだろうと思い込まないこと。
人によっては昆虫が不快であったり、負担になることがあります。
この活動の場合は教育委員会を通じ希望を募っており、事前の準備と相手への配慮が万全であったため多くの方に喜ばれることになったのだと思います。

スポンサーリンク

得てして、昆虫愛好家はこの辺の配慮に欠けてしまい相手へ直節交渉してしまいがちです。
私もこのような活動を希望する方から相談を受けることがありますが、必ずこのことはお話します。
・直節申し入れると相手が負担に感じても断りにくいこと
・子どもが喜んでも保護者が負担に感じる場合があること
・無償配布は外国産昆虫を避けること
・同一種を一定数そろえること
などなど・・・

ほとんどの人がこの条件をクリアーできず断念します。
なかには「余った虫」を配布しようとする人もいます。
無計画な繁殖と己の飼育コスト削減にボランティアの名の下に正当化するなんて断固反対します。

今回の記事のようにニュースなどで取り上げられる方たちは良く考え、準備し行動されています。
震災の際も、リクエストとボランティア・物資がマッチせず被災地の負担となるケースがあったようですが、これは全てのボランティアに共通することではないかと思います。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

外国産ハナムグリにまつわるデマ

絶滅昆虫を絶海の孤島で発見!しかも繁殖成功!





最近の記事

  1. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  2. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  3. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  4. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  5. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  6. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  7. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  8. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  9. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  10. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP