高須院長がリコール署名妨害の町山智浩、香山リカ、津田大介を刑事告発!愛知県警が受理


 愛知県の大村秀章知事のリコールを求めて、住民投票実施のための署名を集める高須クリニックの高須克弥院長は1日、署名者の個人情報が県公報に記載されるという虚偽の情報をツイッターで拡散されたとして3名を刑事告発したことをツイッターで明かした。愛知県警は告発状を受理しているという。
 告発されたのは映画評論家の町山智浩氏、精神科医の香山リカ氏、ジャーナリストの津田大介氏の3名で、署名運動を妨害した地方公民法違反の疑い。
参考:リコール署名妨害と高須院長 映画評論家らを告発 | 共同通信


ツイッター社にアカウント停止要求を通告

 告発状の提出前(28日)に高須院長は代理人を通じてツイッター社に対して町山氏、香山氏、津田氏のアカウントを署名期間中は凍結・停止するよう通告している。

 高須院長が「署名妨害」と主張する投稿は町山氏が県公報で公開されている解職請求代表者37名の氏名・住所などが記載された文書をツイッターに画像添付して「高須克弥先生の県知事リコールに参加した人たち、愛知県広報で本名と住所が県民に告知されるんですね」と事実に反する投稿を行った。実際は代表者以外の署名者の個人情報は非公開であったが、香山氏は「命がけ」などとコメントを付け署名を委縮させる投稿を行った。津田氏はこれらの投稿をリツイートし150万以上のフォロワーに拡散している。

 署名の意思を委縮させるのに十分な行為と思われるが、それ以前に町山氏は個人情報を悪意を持って拡散したことが多くの批判を浴びている。香山氏は命にかかわることであるように流布し、津田氏は解職請求の発端となった芸術祭の当事者でもある。到底、許されるものではない。

関連:高須院長「河村市長の表現の自由は規制するのですか?」座り込みを批判する大村知事、こっそり削除で書き換えも発覚
関連:高須院長が大村秀章知事にブロックされる!昭和天皇の写真を投稿しただけでブロックされた事例も

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲民主党・石垣のりこ議員の激甘処分が決定「口頭厳重注意処分」←つまり処分はしないということですよね?

個人情報流出!立憲・塩村あやか議員の署名活動「私がやれば安心だが、今回は秘書がやった」名簿が選挙に利用されるとの指摘も

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP