【STAP】理研が小保方氏を嘘つきと証明するのに8360万円?


STAP細胞に群がった悪いヤツら
STAP細胞に群がった悪いヤツら

STAP細胞論文不正問題の検証に、理研は8360万円も使ったらしい。
その費用は小保方氏には請求されず、国からの交付金から捻出される。交付金の原資は税金です。あのワガママお嬢様の「嘘」を検証するために税金が湯水のように使われたのです。
こんなに時間とお金をかけなくとも、既知の不正で「黒」と断定できたのでは?

スポンサーリンク

検証の結果次第で賠償させる約束をするべきだった

8360万円という莫大な支出が発生した原因は小保方氏にある。
彼女が「STAP細胞はあります!」と強情に言い張ったことに起因していることは明白で、これらの検証は小保方氏個人の名誉、あるいは理研の名誉のために行われたものと言える。しかも理研側は早い段階でSTAPの存在に懐疑的であったと思われる。
これらは「不正」が見抜けなかった構造の検証ではなく、STAP細胞の実在を証明するために行われたのであるから当然、実在が証明されず「黒」の判定が出た場合は返還請求することを約束しておくべきだった。
この「約束」を求めた時点で観念し、真相を話したかもしれない。
結局理研が小保方氏に求めた費用の返還は、科学誌ネイチャーに支払った論文2本の投稿料約60万円のみ。原資が国からの交付金ではなく自分たちの純然たる資金ならもっと必死で回収したろうに。

まとめ

理研が「真相」の追及に消極的なことが腑に落ちない。
組織の中で大規模な捏造が行われ、理研としても「世紀の大発見」としてマスコミに向け発表している。これだけのことを若手研究者たった一人でストーリーを作り、有能な科学者たちを欺き続けていたとは考えにくい。
マスコミもゴシップ的に扱い、フジテレビなどはプライベートの小保方氏を隠し撮りしたうえ暴力に等しい追走を行う始末。

本質は、「誰が何のためにでっち上げたのか?」であって、その結果如何によって賠償すべき人と金額が決まってくる。
理研はその論点から逃げ回り、マスコミは逃げ回る関係者をゴシップ的に扱うばかりで「真相」には迫ろうとしない。
自殺者までだして真相は闇の中とは・・・

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

春闘の「がんばろー!」は「がんばったどー!」じゃなきゃおかしい。

ミミ川西89ミリ実在性追及が論点ずらしの材料にされている。





最近の記事

  1. 高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正
  2. 長島昭久議員「お、お、おま・・・!」→カナダ人死刑判決を批判された中国「カナダは法治の精神欠ける」
  3. 立民「厚労省不適切調査を追及!」足立康史議員「不正を見抜けなかった民主党が見抜いた政府を追及する」
  4. 【ヤバい沖縄】海上保安庁のゴムボートに発煙筒で放火した男を逮捕!辺野古の器物損壊事件との関連調べる
  5. 指原莉乃「松本さんが干されますように」松本人志「指原様~」本人不在のワイドナショー問題に終止符か?
  6. 【検証】リテラのイタコ芸「市原悦子が生前語った安倍政権への怒り」←実際は「安倍政権」と言っていない
  7. プロレスラー武藤敬司、ツイッターの使い方が分からずiPadに「ツイッター」と話しかけてみた結果
  8. 【国民の敵】小西議員が自衛隊野宴で自衛官の反省文を朗読→その時、自衛官とその家族のとった行動は?
  9. 最悪!国民民主・羽田議員「靖国を参拝する会」から脱会を検討、野党統一候補になるため市民団体に媚びる



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP