人気品薄のUSBマイクロスコープUCAM-MS130NSVは前モデルと同じスペック

インターネット

ELECOM USBマイクロスコープ 130万画素 シルバー UCAM-MS130NSV
ELECOM USBマイクロスコープ 130万画素 シルバー UCAM-MS130NSV

USBでPCに接続するだけでマイクロスコープが使えるとはなんと便利な!と思い、報道発表があってから、速攻で予約したのですが先日amazonから、
「入荷が遅れており、当初の予定通りに商品をお届けできないことがわかりました。」と、出来れば他の出品者を探して買って欲しいというメールが。
トホホ・・・

類似品を探してみると瓜二つの安い製品があった

仕方ないので、他の出品者をあたってみると価格が高くて買う気になれない。そこで類似の商品はないものかと探してみると・・・
ありました!ソックリ瓜二つです。

同じELECOMから2011年12月に発売された前モデルです。
しかも、amazonから発送されるのでこちらを検討することにしました。
スペックを確認すると、
・高画質130万画素1/6インチCMOSセンサー
・5~100mmまでのマニュアルフォーカス
・光学ズーム20倍/デジタルズーム8倍/トータル160倍のズーム撮影
・スチルシャッターを搭載

えーっと、新発売のUCAM-MS130NSVと微妙に型番が違うだけでスペックは全く同じで見た目も変わらないよね。
もしかしたら、前モデルには問題があって今回改良版が発売されたのかな?と思ってメーカーに問い合わせてみました。
回答は、
「スペックもなにも変わっていません。」
とキッパリ!
じゃあなんで型番変わったのかと尋ねると、
「原料の高騰などで、製造段階での仕様変更があったため」
的なこと。
なるほどなるほど、では前モデルを買ったほうがお得ということだ。
メーカーがマスコミ向けに新製品ラインナップを発表したら、以前発売した製品の型番違いだったが、絶妙に少年マインドをくすぐるマイクロスコープにメディアが食いつき話題になったようだ。

まとめ

ついつい新製品というプレミア感に飛びついてしまったのですが、よくよく調べてみると同スペックで半額の商品があったという話。
私は前モデルを注文しましたので、到着して遊んでみた感想を後日レビューしたいと思います。遊びといっても、昆虫の亜種分類などにおいて大変便利なアイテムでもあります。詳しい分類ブログなどを書いている方が、これを期に購入してくれたら二度オイシイ。

レビュー書きました→USBマイクロスコープUCAM-MS130SVを使ってみた

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう