【昆虫密輸】ゴライアスオオツノハナムグリを密輸した男を書類送検


平成27年5月1日、北海道警察札幌方面北警察署は植物防疫法違反の疑いで、札幌市北区の調理師の男(48)を書類送検した。
書類送検の容疑は、平成27年2月にGoliathus goliathus(ゴライアスオオツノハナムグリ)♂2頭♀5頭の計7頭をおもちゃに装いフランスから自宅に郵送させた疑い。
農林水産省-植物防疫法に違反して昆虫(ゴライアスオオツノハナムグリ)を輸入した容疑で書類送致がなされた事例について
ゴライアスオオツノハナムグリを密輸 調理師を書類送検 北海道警 – 産経ニュース

スポンサーリンク

問われる市場の倫理

今回、書類送検された男はここ数年、大手オークションでゴライアスオオツノハナムグリのWD(野外品)やWF1(野外品からの累代)を出品している人物と同一と思われる。プロフィールの年齢に違いはあるが職業は一致する。
この人物の出品に関しては当方の取材により、植物防疫所でも以前から察知し、オークション運営会社を通じ出品者あてに事実関係に係る照会文を送信していた。オークション運営会社の対応が緩慢なうえ、植物防疫所には捜査に類似する行為が行えないという制約があり、十分な調査と回答が得らなかったと思われる。
こういった事案に関しては、オークション運営やWEBサービス提供元が当局に協力的であれば防げる事案。植物防疫法に関しては「逮捕されない」「罰則がない」と居直り同様の出品に対して対応をしないという問題がある。
罰則の有無が、違法か合法かという判断基準になってしまうというのは倫理観に欠けるとしか言いようがない。逮捕や罰則がない法律は守らないという理屈は倫理観なき運営・営業である。
当方が運営するKSLオークションでは、植物防疫法で輸入できない種の生体は規約上で出品をお断りしているが他では例がなく異端扱いを受けている。繁殖品であっても国内へ持ち込めない種であることは変わりなく、法的にも防除の対象であるが自主規制に頼るというのが現状であり問題は山積だ。
関連記事
外国産ハナムグリが外来生物法を動かす?
外国産ハナムグリにまつわるデマ
昆虫密輸はなぜ逮捕されないのか?
密輸昆虫を買うと逮捕される

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

文科省が無理にスマホをdisる無駄な調査、時事通信は趣旨を変えて報じる。

ゴールドライタンがどんな話だったか思い出せないので調べてみた




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 立民・打越さく良議員「なぜ男性議員がこれほど必要かを論証して」←これは機会均等ではなく男性蔑視では?
  2. 小西ひろゆきチャレンジ!一般人が訴訟予告されたツイートを吉田康一郎区議らが再投稿「一般人を訴えて市議を訴えないのか」
  3. 京アニ放火殺人模倣か?日本会議北海道に殺害予告「焼却処分にする」アイヌ問題で講演の小野寺まさる氏ら名指し
  4. 朝日新聞の見出しに批判殺到「多国籍ジャパン 先発8人が外国出身」ラグビー日本代表外国出身選手を揶揄
  5. 河野太郎大臣「沖縄県の協力あれば辺野古移設のコスト下げられる」→沖縄タイムス阿部岳記者「強盗ガー!」
  6. 足立康史議員「フラフラなのは辻元さん。外国人献金や連帯ユニオンの問題が効いていて、酷くおとなしい」
  7. 風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪
  8. 単位もスペルも違う?韓国紙「タンザニアが竹島は韓国の領土記念コイン発行」→同国政府は発行を否定、検証からある仮説が浮かび上がる
  9. 東京新聞・望月記者「輸出管理強化で韓国からの訪日客が減った」菅長官「逆に中国から11%も伸びてるので問題なし」
  10. 野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP