【昆虫密輸】ゴライアスオオツノハナムグリを密輸した男を書類送検


平成27年5月1日、北海道警察札幌方面北警察署は植物防疫法違反の疑いで、札幌市北区の調理師の男(48)を書類送検した。
書類送検の容疑は、平成27年2月にGoliathus goliathus(ゴライアスオオツノハナムグリ)♂2頭♀5頭の計7頭をおもちゃに装いフランスから自宅に郵送させた疑い。
農林水産省-植物防疫法に違反して昆虫(ゴライアスオオツノハナムグリ)を輸入した容疑で書類送致がなされた事例について
ゴライアスオオツノハナムグリを密輸 調理師を書類送検 北海道警 – 産経ニュース

スポンサーリンク

問われる市場の倫理

今回、書類送検された男はここ数年、大手オークションでゴライアスオオツノハナムグリのWD(野外品)やWF1(野外品からの累代)を出品している人物と同一と思われる。プロフィールの年齢に違いはあるが職業は一致する。
この人物の出品に関しては当方の取材により、植物防疫所でも以前から察知し、オークション運営会社を通じ出品者あてに事実関係に係る照会文を送信していた。オークション運営会社の対応が緩慢なうえ、植物防疫所には捜査に類似する行為が行えないという制約があり、十分な調査と回答が得らなかったと思われる。
こういった事案に関しては、オークション運営やWEBサービス提供元が当局に協力的であれば防げる事案。植物防疫法に関しては「逮捕されない」「罰則がない」と居直り同様の出品に対して対応をしないという問題がある。
罰則の有無が、違法か合法かという判断基準になってしまうというのは倫理観に欠けるとしか言いようがない。逮捕や罰則がない法律は守らないという理屈は倫理観なき運営・営業である。
当方が運営するKSLオークションでは、植物防疫法で輸入できない種の生体は規約上で出品をお断りしているが他では例がなく異端扱いを受けている。繁殖品であっても国内へ持ち込めない種であることは変わりなく、法的にも防除の対象であるが自主規制に頼るというのが現状であり問題は山積だ。
関連記事
外国産ハナムグリが外来生物法を動かす?
外国産ハナムグリにまつわるデマ
昆虫密輸はなぜ逮捕されないのか?
密輸昆虫を買うと逮捕される

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

文科省が無理にスマホをdisる無駄な調査、時事通信は趣旨を変えて報じる。

ゴールドライタンがどんな話だったか思い出せないので調べてみた





全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 【動画】立憲民主党の白真勲さん、安倍総理が憎すぎて本会議中にファーッ!ってなるハプニング発生!一時議場は騒然
  2. 野党支持者「室井佑月さん!安倍政権の官邸アカウントがネトウヨバイトを募集してるよんですよ!」←日付は2012年、民主党政権でした
  3. 速報!山本太郎「れいわ新選組」の支持率が0と判明!「0は新選組」に党名変更か?街頭演説の聴衆はただの野次馬?
  4. 室井佑月が最悪の放射能デマ「チェルノブイリから同心円状に知能が低くなっている」批判受け削除逃亡!あったことを無かった事に
  5. フライデー「山本太郎と八嶋智人が殴り合いの乱闘、NHK新選組飲み会を出入り禁止に」→八嶋智人「当事者の僕が言いますが、この記事はデマ」
  6. 【野党支持者沈黙】立憲会派・小川参院議員の息子に実刑判決、女子小中学生への強制わいせつ致傷など連続6件(保釈中も犯行継続)で懲役たったの4年?
  7. 共産党市議が放射能デマ「事故後の甲状腺癌29倍、白血病10.8倍」批判受けても反省なく「私を嫌うネトウヨが抗議している」
  8. テレビ朝日の取材用ヘリが緊急着陸!国交省が重大いインシデントに認定 なお基地反対派から「テレビ朝日はいらない!」の声は上がっていない模様
  9. 長妻昭議員の資産公開「預貯金1円」に百田尚樹さん「ミスター年金らしいから、預貯金1円でも老後は何とかなるんだろう」
  10. 東京新聞・望月記者の質問原稿は朝日新聞と判明「え~、ホムルズ海峡付近での~」菅長官「www(ホルムズ海峡やで?)」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP