鳥貴族でも鳥二郎でもない「鳥三郎」が鳥貴族を視察


焼き鳥
ソックリな焼き鳥店を営業され損害を受けたとして「鳥貴族」の運営会社が「鳥二郎」の運営会社に対し、ロゴの使用禁止や約6千万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが話題に。
今度は「丸源ラーメン」に外観もメニューも類似する店舗「にく次郎」で訴えられたそうで。どうにもこうにも・・・
これを差し止めるのは困難と言われていますが、利用者が誤認するレベルであったり企業の理念まで類似してくるとなると商業道徳の問題ではないかとも思います。
一方で、似た業態やメニューを扱う店が現れることは当然と言えば当然。そうでなければ競争が生まれませんし、一業態一企業では消費者の選択肢が狭くなる。
そんなこんなで両店は揉めてるようですが、我が広島の企業「株式会社GANBOフードサービス」が広島・岡山で5店舗を展開する格安やきとり店『鳥三郎』というお店があります。

鳥貴族を視察する鳥三郎

280円均一というメニューなど、「鳥貴族」を参考にしたと思われ、実際に鳥貴族へ視察に訪れた様子がブログにアップされています。→鳥貴族!!
ブログに日付がないのですが、おそらく数年前の記事と思われ『鳥三郎』を開店するよりも前のようです。
実際に参考にして『鳥三郎』を事業展開したのかは定かではありませんが、繁盛店を積極的に視察して良いものは取り入れる姿勢って全然アリだと思います。
私の家の近所にも店舗があり、なかなか好評です。

限りなく鳥貴族に寄せようとしてるとしか思えない「鳥二郎」を運営する会社は節操がないというイメージ、それに比べ良いものを取り入れながら独自の理念で運営する「鳥三郎」はアリなんじゃないでしょうか。どんどん店舗数増やして業界を活性化してくれることを期待します。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

初心者にオススメ!amazonでクワガタ・カブトムシを買って飼育にチャレンジしてみよう!

【法案名詐称】福島みずほの政治スクール、ガラガラなのに盛況報告

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP