【法案名詐称】福島みずほの政治スクール、ガラガラなのに盛況報告


そして誰もいなくなった (OR books)
そして誰もいなくなった (OR books)

「戦争法案」などと法案名を詐称して国民を扇動する困ったちゃん。
その福島みずほ先生が5月14日に『第3回 福島みずほと女性の政治スクール』を開催されました。ご本人曰く「たくさんのひとがきてくださって・・・」と盛況をアピールされていますが、どうみてもガラガラで知り合いばかりです。

スポンサーリンク

福島みずほ先生の報告ツイート


いやね・・・どう見てもガラガラだし、ダルそうだし。
寝てるんじゃないかと思うひともいますね。


「政治スクールに来てくれた懐かしい仲間と。楽しかったです。」
ってオイオイ!散々と募集かけといて参加者は『仲間』ばっかりじゃん。

よくこれで「たくさんのひとがきてくださって・・・」とか言えますね。

法案名の詐称で印象操作する

今回の政治スクールのお題は、
「国会の今を伝えたい ワクワクドキドキ対話 戦争法案、労働法制、人権」
*白熱教室形式で、参加者の皆さまと語り合います。

だそうです。白熱教室形式とかパクリだしパクれてないし。

そもそも『戦争法案』などという法案は存在しません。
恒久法「国際平和支援法案」改正案「平和安全法制整備法案」のことを、国民が反対せざるを得ないような名称『戦争法案』と詐称しているのです。
国会という重要な場でも正式名称を使わず『戦争法案』と称したことで修正・削除が求められるなど物議を醸した。
同法案に関しては多々問題もあると思うが、ありもしない法案名を流布し国民の判断に影響することは望ましい事とは言えない。

次回は「在日は強姦で産まれた」でおなじみの辛淑玉さん

次回は、

 日時 6月10日(水)午後6時~8時
 場所 参議院議員会館(会議室未定)
 タイトル 「『男の通信簿』ー女の人生の邪魔にならない男のありかた」
 講師 辛淑玉さん(人材育成コンサルタント)
 資料代 500円

またお得意の「資料代500円」です。
「女の人生の邪魔にならない男」とか男性蔑視も甚だしい。

で、講師として招かれるのが辛淑玉さんなんですが、この方って過去にトンデモない発言をしてますね。
フェミニストであり、ヘイトスピーチに反対するのは同感だが、このひと自身が以下のような発言をしている。
「在日朝鮮・韓国人は日本人が強姦し産ませた」

完全に在日朝鮮・韓国人を不当に差別する侮辱です。
北朝鮮による日本人拉致についても、「嘘だと思う」「拉致されても文句言えない」などと人権無視の発言をするなど理解に苦しむ人物。
福島みずほ氏がネットで「在日認定」と言われていることについて、それを否定するコメントをだした福島氏を批判していたことはどうなったんでしょうか?
在日だのなんだと誹謗中傷しておいて、それを否定すると今度は「在日差別」と騒ぐような連中を本気で相手にするなら”どっちもどっち”でしょう。
後藤健二さんが拘束され殺害された事件の時も、緊迫する官邸の前でビール片手にドンチャン騒ぎするイベントに参加するくらいですから、何を言われても平気なんですかね?
【社民党】後藤健二さん拘束中に福島瑞穂はなにをしていたか?まとめ

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

焼き鳥鳥貴族でも鳥二郎でもない「鳥三郎」が鳥貴族を視察

どうせお前らこんなん好きなんやろ?じゃあこれはどうだ?





最近の記事

  1. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場
  2. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  3. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  4. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  5. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  6. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  7. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  8. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  9. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  10. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP