スマイル0円はDQNの餌食になるだけ、マック社長は相変わらず


マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビジネスモデル
写真:マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビジネスモデル

380億円もの赤字、130店舗閉鎖という最悪の業績でも社長続投中の日本マクドナルドサラ・カサノバ氏。
21日に発表された新戦略では、野菜を使ったメニューを25日から追加し、サイドメニューも増えることでメニューは1000通り以上になるという。
これは良い。ポテトとハンバーガーでは重すぎるという人は多いだろうし、どんなサイドメニューが追加されるか楽しみにしている人もいるでしょう。
しかし、使用期限切れの鶏肉問題の謝罪会見で余計なひと言を放ち、マックを危機的状況にしたこの社長は余計なメニューも追加すると言い出した。
2000年代前半になくなった「スマイル0円」を復活させるというのだ。

スマイル0円で従業員がDQNのおもちゃに

考えてみればすぐに解りそうなものだが・・・
DQN客「スマイル下さい!」
スタッフ「ニコッ」
DQN客「ギャハハハハッ!」

こんなアホらしい光景が目に浮かびます。
そしてその「スマイル」を写真に撮りSNSにアップするDQNが続出。
場合によっては「スマイルが足らない」とイチャモンを付けたりもする。
で、土下座させた状態でスマイル要求してツイッターへアップし逮捕。

それでなくともスマイルの要求なんて屈辱以外のなんでもないし、それを要求するほうもどうかしている。
普段から笑顔で対応してくれているかどうかが問題であって本末転倒である。

教養より強要を重視する経営者

こういう恥ずかしいことを強要することが手腕だと思っている経営者は多い。
イカれた口調で罵倒する自称マナー講師に従業員を号泣させる会社。
やたらとでかい声で復唱させ、飯が不味くなるような飲食店。
徹底したマンツーマンディフェンスで、買わざるをえない状況をつくる服屋。
どれも現場を知らない、知ろうともしない、一部のクレーマーの声だけはよく聞こえるという経営陣が考えそうなことです。

マクドナルドの問題も同じ。
使用期限切れの鶏肉を使っていたからってあそこまで客足が遠のく事はない。すべてはサラ・カサノバ社長の空気を読めない謝罪会見で消費者が不安になったことが主な原因でしょう。
メニューを変える前に経営陣が変わってはどうだろうか?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

猫とタブレットデキると思われる男性になってもデキなきゃ意味ない。

USBマイクロスコープUCAM-MS130SVを使ってみた

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP