USBマイクロスコープUCAM-MS130SVを使ってみた


ELECOM USBマイクロスコープ 130万画素 1/6インチCMOSセンサ シルバー UCAM-MS130SV
写真:ELECOM USBマイクロスコープ 130万画素 1/6インチCMOSセンサ シルバー UCAM-MS130SV

前回記事、「人気品薄のUSBマイクロスコープUCAM-MS130NSVは前モデルと同じスペック」でレビューを予告してから一ヵ月も経過してしまいました・・・
ということで、遅れ馳せながらUSBマイクロスコープUCAM-MS130SVのレビューです。
前回記事で明らかにしましたが、UCAM-MS130SVは最新モデルUCAM-MS130NSVと全く同スペックで外観も同じです。製造の都合上型番が変更されたと思って間違いありません。よって、本レビューはMS130NSVにも共通します。
では、その使用感と実際に撮影してみた画像を紹介します。

昆虫の細部撮影や頭皮チェックも可能

amazonのレビューでは「頭皮チェック」まではできないような書き込みがありますが、それはフォーカスの合わせ方が上手くいっていないだけです。
先端の透明なリングを回すことにより5~100mmまでのマニュアルフォーカスが可能なのですが、このリングを回しながら画像をチェックし場合によっては被写体との距離を調整する必要があります。
これは光学ズームによる調整が重要で、デジタルズームを使ってしまうと画素数の関係でボケてしまいます。あくまで光学ズームは閲覧ソフト側で「1.0」に設定しておくのが基本です。
専門家が使うような器具よりスペックが劣ることは仕方ないのですが、このレベル程度の写真は撮影可能で閲覧ソフトでリアルタイムに確認し動画撮影も可能。
UCAM-MS130SV

さて、私がこの製品「UCAM-MS130SV」を購入した目的は頭皮チェックではありません。
昆虫の撮影用です。数年前に買った珍しいクワガタムシの標本の細部が伝わるような写真が撮れずイライラしていたからです。
早速、その標本の近影を撮影してみましたが、なかなか上出来です。
ミツノツツクワガタ近影

ミツノツツクワガタ頭部

130万画素ですので限界がありますが、30ミリ程度の小さな昆虫をこのレベルで撮影できるなら満足です。ちなみに、この写真は室内蛍光灯下で簡易的に撮影したもので、簡易撮影セット内でとればもっと明るい画像になったかもしれません。

UCAM-MS130SV使用感まとめ

マニュアルフォーカスなので広い範囲で動く被写体は静止画・動画ともに不向きでしょう。被写体が静止しているか微小生物で動きの範囲が狭い場合は、静止画・動画ともに満足いく撮影ができます。
この価格でこのスペックなら十分です。撮影した静止画も動画も付属のソフトで簡単に編集ができ、趣味レベルでの利用なら買いです。
ただし、UCAM-MS130SVの在庫があるうちにUCAM-MS130NSVを購入しないように。型番が違うだけで同じものなのにUCAM-MS130NSVのほうが価格が高いので。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

スマイル0円はDQNの餌食になるだけ、マック社長は相変わらず

一方通行標識ブログ記事のページ分割で、誰が得をするのか?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP