月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!


月刊むしの今月号は「クワガタ特集号」です。
正直な感想は・・・

残念な内容です・・・
ビー・クワを「バイブル」とか言ってる人が買うと大怪我をすると思います。
そもそもクワガタが、ぜんぜん「特集」されていません。

スポンサーリンク

巻頭カラーはラトレイユキンイロクワガタの現地クイーンズランド州北部での観察。
若枝の切断(スライス)の様子などは、パプアキンイロクワガタなどが輸入規制される可能性をあらためて感じる記事であった。
「日本産ルリクワガタ属の系統と進化」は以前の特集号から4回目、あとはルリクワガタの交雑実験。
他はゲアンミヤマのベトナム・コンツム州産新亜種記載があるだけ。

ビー・クワとの差別化を意識しているのだろうが、オオクワガタなどのポピュラー種を掲載しないならクワガタ特集号はもう要らないんじゃないかな?と感じました。
広告も自社広告を除くと極端に少ないようで、広告収入に頼れないなら部数の増加しか生き残る道はないように思います。
クワガタ特集号は新規購読者を獲得するチャンスだと思うのは私だけだろうか?

対して、同日発売の「昆虫と自然」は良かった!
これは絶対に買い!クワガタブリーダーは必携となるはずです。
ミクロネシアの昆虫が特集されクワガタに関する事など充実しています。

「ミクロネシアのコガネムシ上科甲虫相」
荒谷邦雄教授の執筆で、ミクロネシアは日本の生物相と相互に関係している事も交えた興味深い記事です。

新連載「昆虫分類学入門(1)」
これは、待ってました!と言いたい連載です。
基本的な分類学を解説してくれれば、専門誌を読む人も増えるでしょう。
国際命名規約についても解説されています。これだけでも絶対に買いです!

「クワガタムシ幼虫の発育における朽ち木・マット中の窒素分制御」
小島・五箇両氏も参加されている研究で、クワガタの餌を科学的に追求したい人は目を通しておかなければならない投稿です。
読む為には最低限の科学知識が必要ですが、ヒントは満載だと思います。

どう考えても、昆虫と自然のほうが秀逸です。
クワガタ業界では知られていない月刊誌ですが、読み物としてはこちらのほうが数段上のような気がします。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

あなたは昆虫を殺せますか?

カブトムシにも奇形が多発?は誤認です。

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 食い下がる朝日記者を麻生大臣がバッサリ「朝日新聞からみても厳しいだろう。厳しいと思っていないのか」
  2. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  3. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  4. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  5. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  6. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  7. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  8. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  9. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  10. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP