ブログ記事のページ分割で、誰が得をするのか?


一方通行標識

最近ちょいちょい目にします。
ページ分割がウザいという意見。
私も同感で、自分のブログでは絶対に記事分割はやりません。
個人ブログでこれをやる人は少ないのですが、雑誌社や新聞社が運営するサイトでは最早常識のようになっています。
例えば・・・
任天堂の“重課金”転換に懸念の声 「いくらなんでもこれはひどい…」 – SankeiBiz(サンケイビズ)
いやいや・・・
ゲームの重課金よりも、このページ分割が酷いだろ。
この、ページ分割の効果については諸説ありますが、自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

なぜページ分割をしたがるのか?

今どき、長文が読み込めないようなポンコツ端末もありえない。
ガラケーとかならパケット節約のため最初の読み込みを最小にして、その先の情報を読み込むかどうかという判断ステップを設けるという配慮が必要だった。しかし、もうそんな時代じゃないし記事を漁るような人はスマホでしょう。
パソコンのスペックも回線速度も、そんな配慮は無用のスペックになっている。
ではなぜ?こんなページ分割をここにきて始めるのか?それは、自分が姑息な手段で儲けようという仮定で考えれば理由が見えてくる。

ページビュー(PV)を稼ぎ広告単価アップ

1記事1ページだとPV数は「1」、その記事を6ページに分割すればPV数は「6」となり月刊10万PVのサイトが6倍の60万PVになるという短絡的発想。
新聞社系列のWEBサイトでは、アドセンスに代表される広告配信サービス以外に、独自に広告を募るのが通例です。新聞が広告費で稼ぐのと同じ仕組みです。
新聞の広告費は発行部数により相場が決まってきます。それにならってWEB版ではページビュー(PV)数を広告費の目安にしています。この広告募集の売り文句としてPV数が使われるわけですが、ハッキリ言ってコレ・・・
PV数の水増しですよ
無駄なPVに金を払わされる広告主が可哀想。

サイドバー・ヘッダー・フッター広告を何度も見せる

何度もページを開かせて、広告表示回数を増やす。
広告主にしてみれば、一人一回で済む広告表示をページ分割分だけ多く表示され効果は薄い。やっぱりこれもPV数の水増しで広告主の不利益になっている。
見逃した消費者にもう一度見てもらうという効果は否定できないが、ページ分割記事での2ページ以降、サイドバーやヘッダー・フッターは無視されがち。

一方では長文記事での記事後半、サイドバーにはもう何も表示されないという弊害がある。しかし、最近ではスクロールに追随する広告表示方法も主流になりつつあり、記事分割が効果的な対策とは言い難い。
スマホでの閲覧が増えるこのご時世、スクロールすれば済むものを無駄なクリックで新たなページ読み込みをさせるなんて、スマホの利便性・操作性を損なうこと間違いなし。

まとめ 結局みんな損をしている

とにかく「ウザい」言われるようでは分割する意味がありません。
ページ分割で水増しされるPV数は広告主に不利益なうえ、ユーザーのストレスとなり広告効果は期待できない。
広告主にしてみれば「騙された」と言いたくなる手法でしょう。

新聞社などは、契約購読者数よりも多くの新聞を発行し部数を水増し、それを社の『格』としてアピールし広告を募るという問題があります。この悪習を踏襲する形で、WEB版も広告募集の営業のため、PV数至上主義になっているのかも知れません。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

USBマイクロスコープUCAM-MS130SVを使ってみた

芸能人のinstagramって、ネットニュース意識した売名写真多いよね

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 食い下がる朝日記者を麻生大臣がバッサリ「朝日新聞からみても厳しいだろう。厳しいと思っていないのか」
  2. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  3. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  4. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  5. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  6. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  7. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  8. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  9. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  10. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP