アドセンス収益を200%以上アップするには2つの改善だけでいい


EXIT
毎日ブログを書いているのに、全く収益が上がらず一ヵ月に1000円も稼げないブロガーが多数います。多数どころか、ほとんどのブロガーがそうでしょう。
だからといって、これが常識だと思ってはいけません。
毎日書いて1000円も稼げないブロガーは致命的なミスに気付いていない。
たった2つのことを改善するだけでアドセンス収入は200%以上アップします。もしかしたらそれ以上アップするかも知れません。

その1『離脱』を意識する

記事途中に広告を入れる

流行らないブログで一番多い客層は『離脱する層』です。
弱小ブログに限って、記事をアップするときに「バズるかな?」「絶賛はてブくるな?」みたいな夢を見がちです。
しかし現実はそんなに甘くなく、「この記事つまんね」「これ、もう知ってる」みたいな低評価でほとんどの訪問者がブログから離脱します。

だったらだな。その離脱リンク先の選択肢として、アドセンス広告を貼っておくのです。高評価を得なかった場合、読者はこの辺りで離脱するなと思う、記事の前半にサラッとアドセンスを挿入するのです。
これ、ほんと効果があります。
ブログなんて数えきれない、読み切れないほど多くの方が書いています。読者はその記事の海をサーフィンしているので、弱小ブログにいつまでも滞在してるほど暇ではありません。

記事下の広告も重要

記事下に関連記事を表示するのは必須だと思いますが、その関連記事に興味の湧く記事が無ければ読者は離脱するわけで、その時も選択肢としてのアドセンス広告を記事下に配置するのは重要です。

弱小だからって卑怯はダメ

なかなか割り切れないかも知れませんが、弱小なりに『離脱』を意識した広告の配置は何度も何度も張り替えながらベストポジションを見つけましょう。
かといって、それが広告であることを隠すような貼り方はイケません。
ハッキリ言って、「スポンサーリンク」の文字があるほうがクリック率高いです。読者にしてみればgoogleの広告と解れば安心できるからです。

その2 ネタや書き方は真似しない

パクッて得するのは大手だけ

弱小が有名ブロガーと同じ記事を書いても、検索の下位に埋もれるゴミと化すのは必至。「ヒットする検索キーワードを狙え」とかいうアドバイスも聞き飽きたでしょう。それが事前にわかれば苦労なんてしないですから。
だったら好きなこと書けばいいんです。
どうしても有名ブロガーと同じテーマで書きたいことがあったとしたら、それは別の角度か反対意見で書く事です。
話題性もありますし、反対意見にはオリジナリティがあります。
※無茶な当たり屋みたいにならないように

ヒットするかなんて解らない

ヒットすると思って書いてもヒットしないから月収1000以下なんです。
だったら数撃ってみることです。
「これは珍しい!」とか「これ知らなかった!」とか日常にネタはいくらでも転がっています。常識とされるような事でも「おれはこんな勘違いをしてた」みたいな自虐ネタでもいいのです。
こんな記事はヒットしないと思っても書いてみる!話はそれからだ!
いろいろ書いてるうちに、自分のブログでヒットしやすい傾向が見えてきて、少しでも検索で訪問する人がいれば続報などを書くと固定客も増えていきます。

ここで注意してほしいのが、なんでも書けば良いってもんじゃないってこと。
一番悪い例が「娘の入学式」とか「運動会」を淡々と書くひと。
同じ時期に全国で同じような行事が行われ、同じような感想が溢れかえる、それも毎年。よほどのハプニングや発見がなければ書かないほうが良いでしょう。
ブログの質が低下します。

まとめ

離脱されることも受け入れる

弱小は滞在してもらえるより、離脱される頻度が高い。
離脱する読者こそが最大の客層なんです。
離脱を意識した広告配置を捨てて何が残りますか?

真似しない、被らない

友人からですら聞くのが面倒な、愚にもつかぬ日常は書かない。
有名ブロガーのマネをすると逆に検索に嫌われる。
とりあえず書いてりゃ金が貰える芸能人のステマブログみたいな、風呂上がりのスッピンなんて誰も興味が無い。残念ながら子供の写真も。

「こんな簡単なこと誰でも知っていた」という反論もあるでしょう。
簡単なことなのに多くのブロガーが実践できていないから、ネットのゴミと化すよう様な記事で溢れているのです。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

ブログKSL Live insect KSL の投稿 PluCialgoogle+をブログにする方法!SNSへの同時投稿も可能な「plucial」が簡単すぎる。

毎日書くブログを毎日書くことが無理なら過去記事を見直そう。

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP