「釣りバカ日誌」ドラマ版のハマちゃん役は香取慎吾じゃないことが判明


釣りバカ日誌 [DVD]
写真:釣りバカ日誌 [DVD]

名作映画『釣りバカ日誌』がドラマで復活!
テレビ東京系10月スタート、夜8時から放送予定だそうです。
この手の話題で必ず懸念されるのが、「香取慎吾問題」です。
『忍者ハットリくん』『こち亀』では原作を無視した配役をノリノリで引き受け、『座頭市THE LAST』では志村けんのコントみたいなズラと演技で、名作邦画の最後をぶっこかすという偉業を達成した「香取慎吾問題」です。

安心してください。
香取慎吾くんはハマちゃんをやりません。

スポンサーリンク

主演は金太郎「濱田岳」に決定

この配役は適任でしょう。キャラクター的にも実力的にも申し分ありません。
濱田岳さんんは、auのCMで金太郎役を演じているアノ人。
最近では「HERO」で宇野大介 役を演じている人気俳優です。
HERO DVD-BOX (2014年7月放送)
写真:HERO DVD-BOX (2014年7月放送)
右から2番目、吉田羊さんのとなりの男性です。
最近はイケメン俳優ばかりで濱田岳さんのように、3枚目を演じられる役者さんは少ない。身長も160cmと最近の俳優巨大化と逆行している。
年齢的には20代後半と若く、西田敏行さんのハマちゃんとは違う印象になるが、ドラマの設定はハマちゃんの”新入社員時代”であるため問題はなさそう。
原作のキャラクターを忠実に演じるならば、ハマちゃんに近いのは西田敏行さんより濱田岳さんかもしれない。

ここで気になるのが「スーさん」です。映画版では名優 故“三國連太郎”さんが演じた非常に難しい役どころです。
スーさんの配役はいまのところ未発表でとのことで、ここを間違うと台無しになるかもしれないので慎重な配役をお願いしたい。
監督は映画版でも14作から20作目まで監督を務めた朝原雄三さんなので、ぶっとんだことはぜず『釣りバカ日誌』の世界観をドラマで再現してくれることでしょう。

いずれにしても香取慎吾くんじゃなくて良かったです。

【引用方法】 引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

カンガルーの戦い両立できる二つの「思い」を対立させる危うさ

LINEで欠勤届LINEで欠勤届はマナー違反?ダメと伝えとくのもマナーだよ。

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。

KSL-Live!ツイキャス

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 赤旗からコラム盗用の三好市長「赤旗を購読しており、私の考えが全く一緒だったので使わせてもらった。」
  2. 韓国被爆者団体がBTSを擁護「日本は純粋な活動を妨げないで!むしろ、Tシャツで原爆の被害を伝えた」
  3. 立憲民主党・市民クラブの今井雅人議員にブーメラン?公選法違反の巨大看板設置疑惑←誤解もあるので解説
  4. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  5. NHK「見てもいないのに見たことにされるネット広告の情報くれ!」←見てないNHKに受信料取られた
  6. 食い下がる朝日記者を麻生大臣がバッサリ「朝日新聞からみても厳しいだろう。厳しいと思っていないのか」
  7. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  8. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  9. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  10. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP