検証レポート!「ヘビ捕獲棒を買うとヘビが出てこない説」が浮上


ヘビ出没
自宅にヘビが入ってきたら誰でもビビるし夜も眠れない。
畑でヘビを目撃すると気になって農作業もままならない。
そんな方に朗報です。
Amazonでヘビ捕獲棒なるものが売っています。しかも、その捕獲棒を買うと急にヘビが出てこなくなるという謎の現象も確認されました。

スポンサーリンク

「ヘビ捕獲棒」のレビューが面白い

まずはこの商品をご覧いただきたい。

シンプルな「ヘビ捕獲棒」ですが、そのレビューが面白い。
レビュー抜粋

①確実にヘビを捕まえられる道具だと思うのですが買ってからヘビがでてこない!

②注文してすぐ届きました。
 まだ、使っていませんが毎年蛇になやまされているのであるだけで安心です…。

③せっかくヘビ捕獲棒を購入したのに、ヘビが逃げてしまいました。
 もっと早く買えばよかったと後悔してます。

④まだ使う機会はありませんが、見た目に気に入りました、
 使ってみたいと思います。

この商品を買った4人全員が使う機会が無くウズウズしている。

では、別の商品ではどうでしょう。

レビュー抜粋

①実は購入してからは蛇に悩まされてません。

②野生の蛇の捕獲用にと購入しましたが考えてみれば蛇に出会える機会は稀でそんな稀な機会のためにこれを携行するわけにも行かず実用的ではなかったと自分の軽率な行動を悔やみましたが、生涯独身で部屋に収納がなく天井裏を収納にしているのですがこの前荷物が奥の方に行って取れなくなってしまい登れるところでもないため絶望感に打ちひしがれていたところこれを思い出しマジックハンドとして使うことが出来ました 本来の目的とは全然違う使い方になってしまいましたが蛇以外にも色々と使えることがわかり買ってよかったとおもいます 
ただこれは思い切り掴むと蛇にダメージがありそうなので傷なく生け捕りしたい自分としては不安ではあります

③まだ未使用です。家の中に蛇が乱入してきたので購入しましたが、もう家の中に入って来て欲しくないです。あまり使いたくはないです。蛇は大嫌いですから。

④1階と2階にアオダイショウを見かけたので購入しましたが、購入後はパッタリと姿を見なくなったのでヘビ捕り器としての評価は書けませんが手の届かない場所の物を取るマジックハンド的な使い方をする分には悪く無いです
自分の手で直接触りたくない物を掴んでポイするのに向いています

この商品に関しては「別のものが届く」「制度が甘い」という低評価が目立ちますが、やはり購入後にヘビに遭遇しないという声が複数あるようです。

以上の結果から「ヘビ捕獲棒を買うとヘビが出てこなくなる現象」が見えてきました。
また、最初はヘビに驚き恐怖に震えていたのに、いざ捕獲棒を手にしたひとは使いたくて仕方なく、「ヘビめ!出てこんかい!」という心境になるようです。

私の検証レポートは以上です。
信じるか信じないかはあなた次第!

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

運動会長谷川豊「ピラミッドは6段以上で学べるものが増える」という暴論炸裂

Podcast(ポッドキャスト)がGB単位で容量食ってるのでダイエットしましょう。




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 和田政宗議員に暴行した男を公選法違反で書類送検!正体は「団体役員」らしいのでCBCさんに取材してもらいましょう
  2. また?関西生コン支部幹部を再逮捕!ホテル建設工事で現場監督らに因縁つける威力業務妨害「これ、汚水じゃないですか」
  3. 音喜多駿議員「参議院会館のセブンイレブンwww」発注ミスの店長お詫びを笑う
  4. 杉田水脈「反転連の本部は西早稲田」→町山智浩「国会議員がテロ煽動」ちょと何言ってるかわからないと話題に
  5. 埼玉県知事選 野党統一候補が朝鮮学校無償化に反対「拉致問題、核など我が国の脅威が継続」→共産党界隈から差別主義者認定を受ける
  6. 埼玉県知事選断念の行田邦子氏が青島健太候補(自公推薦)の支持を表明!後援会から「出馬取りやめを熟慮せよ」野党統一候補一本化の圧力か?
  7. 津田大介から未来の女性アーティストへ「トリエンナーレ以降、女性アーティストが活躍する機会が増え、セクハラも減ったそうですよ」
  8. 自衛隊イベント抗議の共産党市議「人殺しの訓練は事実」レンジャー訓練に反対した田村智子議員の発言を擁護
  9. 河村たかし名古屋市長「大村知事の自作自演。中止も検証委員会も相談なし、実行委員会開催を要望しても無反応」
  10. N国党の立花孝志代表が高須院長をブロック「対話を求める僕をブロックするなんて・・・立花先生タブスタ」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP