アリさんマークの引越社、口コミサイトでは高評価ですが?

政治・社会

どえらい動画が話題になっていますね。
『アリさんマークの引越社』として有名な「引越社関東」の幹部が、抗議活動をする組合関係者を恫喝する様子が怖すぎます。
https://youtu.be/uex0k9g7W_w

この『アリさんマークの引越社』ですが、口コミサイトでは絶賛の嵐で高い評価を受けています。問題が報じられた後もです。
それに対して、質問サイトなどでは酷評が目立ち、批判する書き込みは問題発覚以前から相次いでいたようです。
どちらが本当なのでしょうか?

そもそもなぜブラック企業と言われるのか?

男性社員が労働組合「プレカリアートユニオン」へ加入したことから、不当な異動を強いられたり、懲戒解雇処分を「罪状」という文書で全支店に掲示されたとして、訴訟を起こしたことをきっかけに、一気にネットでも「ブラック企業」として批判されるようになった。
これに関して、会社側は「勤務態度が悪かった」などと反論をしているようですが、仮に勤務態度の悪さが許容範囲を超えていたとしても、解雇する社員の名誉棄損を行う理由にはならないでしょう。
前述のように、それより以前から、物損などの「保障」を作業員の自己責任としているなど、いろいろと批判はされていたようです。
男性が加入した「プレカリアートユニオン」という組合は、組合側がブラック企業への請求や集団訴訟へ参加するように呼びかける積極的な組合のようで、そういった経緯から、当該社員が組合に加入したことでトラブルになったことは間違いないでしょう。

口コミサイトの評判は真実なのか?

そもそも口コミサイト自体の信ぴょう性が疑わしいというのは今回に限ったことではありません。
企業がステマで高評価を書きこまないほうが不思議なくらいで、いとも簡単にステマができるのが「口コミサイト」というもの。
ステマが問題視される一方では、個人的な恨みやトラブルで不当な低評価や誹謗中傷を書きこまれることもある。また、サービス業などでは「サービス良くて当たり前」という風潮から、良いことよりも悪い部分を強調して書きこまれる傾向にある。
『アリさんマークの引越社』に関する高評価は、問題発覚後も多く投稿されていることから、疑ってしまう部分もあります。しかし、よほどのことが無い限り、現場で働く作業員が客に無礼を働いたり、ダラダラと不遜な態度で仕事に臨む訳がなく、頑張っている作業員が高評価を得るの当然とも言える。

質問サイトなどで見受けられる、会社本体への不満などはこれとは別に考える必要があるでしょう。その批判の中には「作業員が物を壊したが保障してくれない」などという書き込みもあるが、これは会社が保証せず従業員が保証するということに対する不満ともとれる。
はっきり言って、会社に不満をもつ社員の書き込みなのでは?と思われる恨み節が延々と書かれている。

いずれにしても、問題となっている張り紙も動画もアカンでしょう。
関西弁なら恫喝ではないような勘違いをされているのなら、考えを改めたほうがよろしいかと。
関西弁にも礼儀はあるのですから。

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう