大手サイトは後発記事(パクリとは言っていない)に引用URLを入れてくれ


ショウワノート 歴代ジャポニカ学習帳 復刻版5冊セット
写真:ショウワノート 歴代ジャポニカ学習帳 復刻版5冊セット

こんな後発記事(パクリとはいっていない)を見つけました。
水曜インタビュー劇場(学習帳公演):ジャポニカ学習帳の表紙から「昆虫」が消えた、本当の理由 (1/6) – ITmedia ビジネスオンライン
ジャポニカ学習帳に関するインタビューの流れでこのようなタイトルになったようですが、情報としては既出で古い。
私が1年前に書いた記事がコレ。
ジャポニカ学習帳を巡る騒動は「ほっしゃん。」の勘違いが発端?

既出の情報については参考URLを入れて欲しい

今回例に出した「ITmediaビジネスONLINE」はソフトバンクグループの超大手サイト。情報系サイトである「ねとらぼ」もこの会社が運営している。
ブロガーの記事ネタとしては情報量豊富で、多くの方が引用元としてURLを記載し利用しています。
しかし、逆に大手が個人ブログなどから着想(パクリとは言っていない)を得たときには、引用元・出展元としてURLを記載してもらえないことが多い。これって個人ブロガーにしてみれば死活問題なんですよ。
苦労して書いた記事、大したお金にならないのですが、コツコツと書き続けて積み上げてなんとか収入につなげているのです。それが大手に後発記事(パクリとは言っていない)を書かれるとそっちがネタ元だと思われる。そして、検索順位でも圧倒的に負けてしまう。
大手と個人ブロガーという身分の差はありますが、そこは持ちつ持たれつということで、ひとつ引用・参考URLとして記載いただけないでしょう?(低姿勢)

以前から「ジャポニカ学習帳から昆虫が消えた理由」に疑問を感じ、このようなインタビュー記事になったことは理解できますが、ちょっとググれば私の記事「ジャポニカ学習帳を巡る騒動は「ほっしゃん。」の勘違いが発端?」か「ジャポニカ学習帳 昆虫表紙の劇的復活に“生き字引”カメラマンも歓喜 週刊朝日」のいずれかに辿り着いたはず。
それとも、私のような泡沫ブロガーや低俗な週刊朝日ごときを出展元に記事を書くのは物書きの恥なんでしょうか?と、拗ねたくなった次第であります。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

リア充以外も参加できるのが「ハロウィン」の醍醐味なのかもしれない

小2の児童にここまで言わせるか?教室で政治活動をする教師は即刻辞表を!

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP