京都市長選の結果を見れば野党共闘が妄想だと分かる


清水寺の門前
7日に投開票された京都市長選は、現職の門川大作氏の圧勝で幕を閉じた。
共産党が推薦し、SEALDs KANSAIが応援スピーチまでした本田久美子氏は、門川氏に2倍近い票差をつけられダブルスコアの惨敗。
こういった結果は当初から予想されていた。
そもそも「野党共闘」などは行われておらず、共産党は孤立無援の状態で「オール反共産」と戦うという負け戦だったからだ。

スポンサーリンク

京都市は反共産党で与野党一致

今回再選した門川大作氏は無所属であるが、初当選時から自民、公明、民主、社民という与野党相乗りでの推薦を受けており、今回も同様に推薦を受け当選。
共産党やSEALDs(シールズ)が声高に叫ぶ「野党共闘」は今回も実現していない。それどころか「反共産党」とも言える与野党共闘が続いている状態だ。

惨敗した本田久美子氏の敗因は、共産党とSEALDsを信じてしまい「戦争法反対」などという地方政治とは無縁の演説を繰り返したことではないかと思われる。
どれだけ共産党とSEALDs(シールズ)が「躍進」を演出しても、それは幻想に過ぎなかった。
事実として残ったのは、過去の選挙よりも共産党が票を落しているという現実だ。

連敗を続ける共産党とSEALDs

大阪市会議員 辻義隆氏のツイートが的を射ている。


まさにこれだ。
日本共産党やSEALDs(シールズ)が「多数の国民の声」としてデモを繰り返していたのは一体なんだったのか?
「絶対に○○」を多用し、さも国民の大多数が自分たちを支持しているかのように喧伝していたのに、何一つとして結果は出ていません。
その連戦連敗記録を記したツイートがある。


SEALDs(シールズ)が叫ぶ「絶対」ってなんなんだ?
その実態が共産党の下部組織であることを隠そうともせず、露骨な共産党支持行動が散見されるようになったSEALDs(シールズ)を見限る若者も多いことだろう。
よほどの変わり者か無知でなければ気付くはずだ。

共産主義者が叫ぶ民主主義など荒唐無稽であると。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ゲスの極み長谷川豊がまた炎上狙いのボヤ騒ぎを起こしたらしい。

三宅雪子「共産党は票を取れるようになっている」←歴史的惨敗でした。





最近の記事

  1. 高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正
  2. 長島昭久議員「お、お、おま・・・!」→カナダ人死刑判決を批判された中国「カナダは法治の精神欠ける」
  3. 立民「厚労省不適切調査を追及!」足立康史議員「不正を見抜けなかった民主党が見抜いた政府を追及する」
  4. 【ヤバい沖縄】海上保安庁のゴムボートに発煙筒で放火した男を逮捕!辺野古の器物損壊事件との関連調べる
  5. 指原莉乃「松本さんが干されますように」松本人志「指原様~」本人不在のワイドナショー問題に終止符か?
  6. 【検証】リテラのイタコ芸「市原悦子が生前語った安倍政権への怒り」←実際は「安倍政権」と言っていない
  7. プロレスラー武藤敬司、ツイッターの使い方が分からずiPadに「ツイッター」と話しかけてみた結果
  8. 【国民の敵】小西議員が自衛隊野宴で自衛官の反省文を朗読→その時、自衛官とその家族のとった行動は?
  9. 最悪!国民民主・羽田議員「靖国を参拝する会」から脱会を検討、野党統一候補になるため市民団体に媚びる



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP