丸山議員の奴隷発言に対する高島章弁護士のツイート


自民党の丸山和也参議院議員が「アメリカ大統領オバマは奴隷」と発言したとして、野党とマスコミが大騒ぎしているようですが、どうやらまた朝日の恣意的編集がネタ元になっているようです。
これはまた朝日新聞がやってくれました。丸山議員の「奴隷発言」について
永江一石さんが全文を読んで確認したところ、オバマ大統領を「奴隷」と表現した個所は見つからなかったということです。
私も報道のVTRを見ていましたが、朝日や左派の批判とは食い違う点があり疑問に思っていました。VTRで発言を聞くと「オバマは黒人の血を引く」と「黒人は奴隷だった」という事柄は分けて発言されているのが確認できるのです。
しかし、騒動は冷静な分析が行われることもなく、丸山議員の進退にまで影響する大炎上。
この炎上劇に対する高島章弁護士のツイートが大変興味深く、的確であると感じたので紹介しておきます。

スポンサーリンク

黒人奴隷の歴史に触れないのは差別

高島章弁護士による3件のツイートを紹介します。

的を射ており、過激な批判を繰り返している左派の見解を聞きたくなる。

冒頭に書いたが、丸山議員は「オバマは奴隷」とは発言していない。しかし、そう取られるようなマズい言い回しであったことも事実。
こういった誤解を受けやすい発言は聞く側にも注意が必要だ。
朝日や野党のように、微妙に発言内容を変えて批判することは、差別問題を触れてはいけない「タブー化」させる危険性がある。

とは言え、丸山和也議員の話の組み立てと表現は下手過ぎる。
本人は「誤解されている。良心に恥じること何もない」と開き直っているようだが、与えた「誤解」についてはそれなりに問題が生じている。
個人的には本件をもって「議員辞職勧告決議案」「党除名処分」などというのは妥当とは思えないが、この丸山議員が過去にも問題発言を繰り返していることを考えると、今後も改善は期待できない。

このひとを担ぎ出した自民党の失策。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シールズの五寸釘ガールに共産党の資金力を教えてあげよう

種の保存法改正で露呈した一部昆虫愛好家の偏執ぶり





最近の記事

  1. 日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」
  2. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場
  3. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  4. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  5. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  6. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  7. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  8. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  9. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  10. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP