SEALDsが呼びかけたデモに偽装した共産党街宣車が登場


自称無党派(笑)のSEALDsTOHOKU(シールズ東北)が呼びかけた「東北一斉反対アクション」に答えた「DAPPE(ダッペ)」のデモに、あの共産党街宣車が車両を無党派風に偽装して登場した。


これでも共産党と関係のない団体と?

「DAPPE(ダッペ)」が主催したデモ『安保法制に反対するデモ@福島』の先頭を走る街宣車は共産党のロゴなどを隠してはいるが、車両ナンバーは過去に暴かれた「偽装街宣車」と同一である。
また、アフター街宣では民主党、共産党、ふくしま市民連合、SEALDsTOHOKU、他が参加したようだが、これならハッキリと「共産党の街宣」で届け出るべき。


この「DAPPE(ダッペ)」は昨年の夏にも共産党の偽装街宣車を使用しており、これを無党派と呼ぶのは無理があるのではないだろうか?

マスコミが「無党派」として持ち上げるSEALds界隈(T-nsSOWLなど)は毎度の如く共産党系の車両を貸与されている。

このように無党派を装い、車両偽装をし、社会の不安やデモを煽る。
そりゃ、破防法で調査対象になりますわな。

いっそのこと街宣車を『暴力革命号』と命名し、SEALDsは『紅衛兵』の名を正式に受け継いではどうだろうか。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

a8netからの報酬が100%キャンセルになる件

田中龍作さん、禁止されてるPayPal寄付は順調ですか?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP