民進党公式ツイッターの暴言は「私見」で許されるのか?


民進党のツイッター公式アカウント民進党(@MinshintoNews)が熊本での地震対応をめぐり、一般アカウントと争論になるという大失態を披露した。
産経新聞などがネットニュースで報じるなどしたため大炎上し即座に削除。
https://twitter.com/MinshintoNews/status/720678840868048897
一連のツイートを削除したうえで謝罪するも、公党としての責任感ゼロとしか言いようのない弁明でさらに延焼中。
この一連のツイートをスクショして投稿しているユーザーもおり、「担当者が~」程度の言い訳では済まされないでしょう。

民進党公式の自民党批判とスクショ

民進党公式ツイッターは、一般人アカウントからの「東日本大震災時の自民党のような対応を望みます」に対して「それじゃあダメでしょうね」と対応。
さらに、「多くの議員が与野党なく災害対応に協力した中で、一部の自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張ったのも有名な話です」と根拠のない自民党批判を展開した。
これに対して民進党公式に批判が殺到し、直後に削除と謝罪を行うも時すでに遅し、スクショされ拡散中である。

公党公式に「私見」は認められない

民進党公式ツイッターは「担当者の私見の入った不適切なツィート」と説明しているが、公党の公式アカウントとして、ツイッター社に認証マークを受けている以上は「私見」という言い訳はできない。
このアカウントから投稿された以上は、紛れもなく「公式見解」である。

「子供が勝手に私のパソコンから書き込みをしてまして・・・」
ネット創世記にIPから荒らし行為を割られた人間が同様に低レベルな言い訳をすることが相次いだがそのレベルだ。

民進党は公党として担当者が誰であったか、なぜこのような投稿に至ったのかを説明しなければならない。
まさか「保育園落ちた日本死ね!!!」の人が担当者じゃあないでしょうね。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

バドミントン桃田が誘いを断れなかった理由とパチンコ問題

遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!福島みずほ、地震の2時間後に「ハッピー」投稿で大炎上

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP