【証拠写真】GO VOTE「選挙に行こう」は民青(共産党)の活動

政治・社会

衆院北海道5区補選において「GO VOTE」と選挙参加を呼びかける活動が目立っている。しかし、この活動は特定候補への投票呼びかけや戸別訪問ではないか?と疑われる要素が非常に多い。
特定候補のイメージカラーを基調としたポスターやチラシ、特定候補の選挙活動でも使用されている「GO VOTE 4.24」のロゴなど。
また、共産党系の団体のメンバーが戸別訪問によるポスター掲示やチラシ配布を行っており、その人物のツイッターアカウントでは特定候補を応援するコメントで埋め尽くされている。

これらのメンバーは共産党の下部組織「民青」と目されてきたが、その証拠写真を関係者がアップしているのでここに記録しておく。

共産党議員の街宣サポーターがデモの先頭に

以下のツイートは日本共産党衆議院議員の池内さおり氏の街宣の様子である。


共産党員の集めた募金が、北海道5区補選や日本共産党の党勢拡大に使われるということが大問題になったばかりなのに、まだ選挙活動中に募金。
※募金箱を持つ女性は民青北海道の伊藤ナシカ委員長

本題はここから。
看板には「日本共産党」「Minsei」(民青)と書かれている。
池内さおり議員の街宣をサポートする3人の女性の顔をよく見て、以下のツイートの写真と見比べてほしい。


先頭で横断幕をもつ女性が「街宣サポーター」と同一人物。
※写真の左端で手を振る女性は民青北海道の伊藤ナシカ委員長
これは無党派を装った日本共産党の政治活動以外の何者でもなく、特定候補を推す団体が選挙活動を行っていると思われても仕方がない。
この他にも公職選挙法違反ではないかと指摘される活動が目立つ。

もう日本共産党は形振り構わず「革命」への闘志剥き出しですね。

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう