みの炎上「激励のつもりで」はセクハラのときも同じことを言っていた


みのもんたにならないための危機管理マニュアル
みのもんたにならないための危機管理マニュアル

みのもんたが「ツイッターやめたくなった」とボヤいたそうだ。
そもそも誰も頼んでいないので止める理由もない。やめればいい。
みの激白ツイッター「やめたくなった」-デイリースポーツ

本人は「言葉足らず」という言い訳で、さもネット社会が悪いかのように言っているが、一体このツイートのどこにどんな言葉を足せば自衛隊への激励になるというのだろうか?
その言い訳ってアナウンサーへのセクハラ騒動でも使ってましたよね?


スポンサーリンク

みのもんたを報道に復帰させる愚

インターネットテレビAbemaTVで報道番組「みのもんたのよるバズ!」を始めたらしいが、このひとを報道に復帰させて誰が得をするのでしょうか?
この番組は以前にTBSでみのが司会を務めた「朝ズバッ!」を意識したのだろうが、同番組の黒歴史を繰り返したいのだろうか?
香川・坂出3人殺害事件の報道では「普通すぐに電話しない?(略)警察署に行って届け出てる。普通だったらそのまま電話しないかねぇ?」「不思議だねぇ」と被害者家族を犯人扱いし、TBS不二家捏造問題では根本的に報道そのものが捏造であったにも関わらず番組を継続し、番組内では謝罪すらしていない。
番組末期には吉田明世アナウンサーに対するセクハラが放送されるという問題があったが、これも言い訳ばかりで反省をしていない。
『しっかりしろ』という激励で腰を叩いたと言っているが、先輩からの激励に対してここまで激しく抵抗するだろうか?


参考:不祥事・問題となった発言

今回のツイートも、セクハラ疑惑も「激励」という便利な言葉で逃げてますね。
ツイッターは文字数が少ないからだとか、そんな言い訳は通用しません。
全てのユーザーが同じ文字数制限のなかで頭を働かせているのです。
それが気に入らなければ辞めればいいのです。
誰も止めません。

これが僕からの「激励」です。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【証拠写真】GO VOTE「選挙に行こう」は民青(共産党)の活動

nend(ネンド)広告を外したらアドセンス収益が上がった件





最近の記事

  1. 枝野幸男、辺野古以外の解決策「今後言わない。外交上の問題になる」菅政権で模索←辺野古しかないのね
  2. 共産党の説明テンプレ暴露「選挙活動ではなく赤旗の販売宣伝活動」公選法違反指摘に言い逃れ指導部が支持
  3. また東京新聞・望月記者が嘘「ハンストの元山さんの質問で長官は笑ってた」←笑われたのは望月記者でした
  4. 立憲・枝野代表、レーダー問題に渋々言及「我が方に理がある」一方の韓国は「秀吉の朝鮮出兵」を持ち出す
  5. 維新・足立康史議員がNHK森友報道に苦言「社長は地中ゴミはあると明言した。NHKしっかり報道しろ」
  6. 【続報】落書きで逮捕された男組元メンバー・手塚空、バンクシーを引用しTW「どんどんスプレーを手に」
  7. 【速報】反差別団体「男組」の手塚空・元メンバーを逮捕、黒色スプレーで落書きをした器物損壊容疑
  8. 【日本共産党】公選法違反指摘され活動員が暴行・脅迫か?被害の杉並区議は全治2週間、刑事告訴を検討中
  9. ユーチューバー全滅?「悪ふざけ動画の禁止」を明確化←基本的に大手はみんな悪ふざけなんですが・・・
  10. 高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP