nend(ネンド)広告を外したらアドセンス収益が上がった件


Googleアドセンスでクリック率2%以上を維持する方法 "先入観・盲点を突くCTR術!"
Googleアドセンスでクリック率2%以上を維持する方法 “先入観・盲点を突くCTR術!”

KSL、ネンド辞めるってよ

以前、猛烈にプッシュしたnend(ネンド)広告ですが、ここにきてお勧めできないことが判明。私はネンド広告を外しました。
クリック率の高いスマホ広告「nend(ネンド)」は必ず貼っておけ!
一定期間試した結果、まずグーグルアドセンスの収益が下がり始め、その後はネンド広告自体が壊滅的に単価が下落するという惨状に。

ネンドの平均単価が1円を切ることも

ネンドの広告クリック単価は9円からスタートし、その後の成果に応じて単価アップすると言われています。
私も初めは9円からスタートし、良いときは20円近くまで単価が上がることがありました。単価は常に変動するもののそれなりの収益にはなっていた。
しかし、数か月もすると単価は急激に下がり始め、リアルタイムで監視すると0円(キャンセル扱い?)でカウントされるクリックが多数あることが判明。
平均クリック単価が1円を切る日が数日続き、月間でも平均クリック単価が4円を下回るようになったところで撤退を決意しました。

ネンド広告はアドセンス収益を削る

最初にKSLオークションからネンド広告を外してみました。
すぐにグーグルアドセンスの収益が回復、ネンドへのクリックがアドセンスの収益を阻害していたことは明らか。
アドセンスではスクロールに付いてくるオーバーレイ広告が禁止されている。
それを補完する形でネンド広告が有効と思われたが、単純にクリック率が高いオーバーレイ(ネンド)にクリックが集中し、単価が高いグーグルアドセンスのクリック機会を損失していたのではないだろうか?

この結果を受けて、このブログからもネンド広告を外しました。
クリック単価を保障しろとまでは言いませんが、いくらなんでも下落が激しい。
スタート時点での高単価を基準に、私を含め多くの方がネンドをお勧めする記事を書いています。しかし、その後の結果が散々です。はっきり言っておすすめ記事を書かせるために最初の単価を高額にしているのでは?
もうネンド広告はアドセンスから停止を喰らった人くらいしか、使う意味がないでしょう。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

みの炎上「激励のつもりで」はセクハラのときも同じことを言っていた

社民党予定候補者が事前選挙活動、公職選挙法抵触の恐れ

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP