椿事件は氷山の一角、偏向報道は今も続いている


放送の公正と真実を問う―テレビ朝日の偏向報道問題
放送の公正と真実を問う―テレビ朝日の偏向報道問題

TBS「サンデーモーニング」で張本勲氏が「安倍ちゃん総理で良かった」と発言した際に、番組スタッフがそれを制止したと思われる場面があった。

とあるメディアでは「張本氏が視聴者に断った」と伝えているが、事実はそうではない。張本氏は明らかにスタッフフロアに向かって手で制するような動作とともに「申し訳ないね。私個人の」と言っている。

椿事件の再来か?いや、椿事件は終わってはいない。
たまたまテレビ朝日が口を滑らせて、選挙結果を局都合で誘導する報道を行っていたことがバレただけで、ほかの局も同様の報道をあの時も今も繰り返しているのだ。

椿事件はたまたまバレた一例

椿事件とは1993年、テレビ朝日の椿貞良報道局長(当時)が、民放連の会合で非自民、非共産政権を誕生させるための偏向した選挙報道を局内で行うようまとまっていたと発言した問題。
主な発言内容は以下、

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」
「日本共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」
出典:wikipedia

なぜ、テレビ朝日の椿貞良はこのような発言をしたのか?
下手をすれば放送免許取り消しの危険もあった事案である。
おそらく、同業者の会合であり同業他社も同じようなことをやっているという認識があったからであろう。そうでなければライバルに自社の黒い部分を話すはずがない。
しかし、この発言は産経新聞により報じられる結果となる。
政権批判を繰り返すテレビ朝日やTBS、政権寄りの報道が目立つフジテレビ(産経)、現在も続く各社の偏向報道ぶりと図式が一致する。

椿事件は椿という口の軽い男がベラベラと喋ったことで発覚したに過ぎない。バレが反省などしていない。
テレビ朝日もTBSも椿事件に負けじと偏向報道を繰り返している。
とくにTBS「サンデーモーニング」は露骨であったが、椿のようなミスをしなければバレないと高を括っていたのだろう。
しかし、張本勲という歯に衣着せぬ男が、自らの原爆体験を語りだしたとき、局や制作サイドのコントロールできない状態となり、あのような行動を起こしサンデーモーニングの「自民党に有利な発言禁止」が露呈したといったところだろう。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

動画!張本勲「安倍ちゃんが総理で良かった」サンデーモーニングスタッフが慌てて発言を制止する

広島,原爆死没者慰霊碑,広島平和都市記念碑,平和記念公園TBS「水を差すわけではないが」とオバマ訪問に水を差す

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP