【声かけ事案】「クワガタあげる!」で虫おじさんが通報される

昆虫・生物関連

ある男性が「クワガタあげる!」と子供に声をかけたところ「声かけ事案」として情報公開された。

世知辛い世の中になったものだ。

子供を狙った犯罪の予兆を察し、警戒することは間違っていない。
だが、子供が怖がったからと言って、すべての事案を犯罪予兆として情報発信すると「オオカミ少年」のような現象を生み、逆に警戒心を失わせる。
なによりも通報された人は犯罪者のように扱われ、そこに人権が入り込む余地もない。特徴で人を忌避する差別やイジメのようなものだ。

警察は「不審点」の詳細を伝えるべきでは?

何が不審で何が危険なのか?
重要なポイントが完全に抜け落ちた「不審者情報」を発信することは、警察の横暴怠慢と言っても過言ではない。今回の事案を見てみると、警察が周知するような事案には見えない。
客観的なポイントしては、

・クワガタの模様の服を着た男
・突然「クワガタあげる!」と声をかける

この2点だけだ。
クワガタの模様のTシャツは普通に販売されている。
(ドラゴンスリーライン) insecTera 迷彩 カモフラ クワガタ 半袖 Tシャツ (L, アイビーグリーン)
(ドラゴンスリーライン) NightMarket キャラシャツ Movie モンスター 半袖 Tシャツ (M, サンドカーキ)
※写真の商品は本件のTシャツではありません。

昆虫採集や飼育を趣味とする者が、仲間内でオリジナルTシャツを作ることも珍しくはない。

この点を不審点に挙げているのではなく、あくまで人物の特徴として発表しているのだろうが、情報が少なすぎて「クワガタ模様」が不審点と誤解される。

「クワガタあげる!」も、昆虫を趣味とする者ではありがちなことで、とにかくあげたがる。

突然声をかけるという行為が不審なら「こんにちは」から入ればいいのか?
だが、過去には「こんにちは」「さようなら」が不審とされた例もある。

もう、声を掛けること自体が不審者なのか?
実際は「こんにちは」「さようなら」以外に不審点が満載であったから通報されたのだろうが、情報が少なすぎて何が不審なのか解らない。判断が難しいところではあるが、詳細が発表されている事案では実際に「怪しい」事例もある。

車から声をかけ、後をつけ、車に乗るよう誘う。これは危険だ。
どう考えても本物の虫おじさんではない。

とは言え、本物の虫おじさんもそこそこ怪しいんですが・・・
自分が「怪しい」という自覚を持っていないと通報され、自慢のクワガタTシャツが不審者の特徴として発表されるかもしれませんね。

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で