「辛淑玉動画は捏造?」東京新聞望月衣塑子記者の擁護が苦し過ぎる


望月衣塑子
写真:ツイッター@ISOKO_MOCHIZUKI

「ニュース女子!」へ出演したことで、所属する東京新聞から処分を内示された長谷川幸洋論説副主幹に同社の望月衣塑子記者が吠えた。

これに対して「社内で本人に言え、売名では?」とツイッターが炎上、さらに当サイトが報じ、DHCシアター虎ノ門ニュースでも伝えられた「辛淑玉自白動画」により、ニュース女子の放送内容が事実に基ずくものであったことが証明され窮地に。
これ以降、望月衣塑子記者は他人の意見をリツイートするだけでなんの反論もできない状況が続いている。

一方では反差別を掲げる人物は望月記者を養護するために、辛淑玉自白動画については「関係ない捏造動画では無いのですか?」とまで言い出す始末。

真実より社の方針に迎合する記者

直接リプライが寄せられている以上、望月衣塑子記者は「辛淑玉自白動画」の存在を知っている。それよりも前に知っていて長谷川幸洋氏を叩いている可能性もある。
それにしても、擁護派の言い訳が泣ける・・・
当サイトの記事を突きつけたアカウントに対し、
「関係ない捏造動画では無いのですか?」

ちなみにこのユーザーはこれ以降、この問題には絡んできていない。自分の言っていることが愚かであることに気が付いたのだろうか?

それにしても、この望月衣塑子記者は自分が権力に迎合しているということに気が付いていないのか。長谷川幸洋氏は社外でも一貫して自分の意見を述べ、「東京新聞とは違う意見だが」という前置きで話すことも少なくない。
それに対して望月記者は社の政治的主張に迎合し、それに迎合しないジャーナリストを叩いているのだ。少なくとも同じ会社の人間なのだから、本人に直接意見をぶつければ、長谷川氏本人の反応くらいは得られたはずだ。
そのような段階を経ることなく、ただ東京新聞の主幹様の権力に迎合して一緒になって石を投げているに過ぎない。

辛淑玉自白動画に関しては7日、DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」で取り上げられた。番組内では司会の居島一平氏が、当サイトの記事をほぼなぞるような内容で発言内容と福島瑞穂議員の同席を伝えている。
https://youtu.be/xQjxDBXHcOk?t=1h36m40s

同番組内では松井一郎大阪府知事と百田尚樹氏が、沖縄で抗議活動する左翼の暴力性を徹底批判しているが、望月記者はこの番組については抗議しないのだろうか?
それはできないでしょう。なぜなら不都合な真実「辛淑玉自白動画」が取り上げられているのですから。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

福島瑞穂「桃太郎にきびだんごを作った婆さんは共謀罪」と珍説

水道橋博士の矛盾!長谷川幸洋は叩くけど後輩の居島一平は叩かない

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP