水道橋博士の矛盾!長谷川幸洋は叩くけど後輩の居島一平は叩かない


DHC2月7日百田尚樹・松井一郎・居島一平虎ノ門ニュース
写真:2月7日放送DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」

水道橋博士はなぜ、DHCシアター「虎ノ門ニュース」で司会を務める居島一平(オフィス北野)を批判しないのか?
7日、居島一平氏が司会を務める番組「虎ノ門ニュース」は作家の百田尚樹氏と松井一郎大阪府知事を招き、沖縄高江で行われる抗議活動がいかに暴力的であるかを特集し、映像も流した。その流れの中で当サイトの記事「辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇」に沿って自白動画の存在を紹介した。

水道橋博士は先日、この「辛淑玉自白動画」について私が問うたところ「見たわ!」と私を罵倒。

その後も長谷川氏を糾弾する望月記者(東京新聞)のツイートをリツイートするなど、矛盾した行動を見せている。
どうして長谷川氏は糾弾しておいて、事務所後輩の居島一平氏が沖縄抗議運動の暴力性を同じDHCシアターで取り上げたことは糾弾しないのか?

スポンサーリンク

身内に甘く大手メディアに媚びる博士

東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が「ニュース女子」の司会を担当していたとして、同社は長谷川氏の処分を行うと発表。これに便乗するように同社の望月記者は本人と同じ会社でありながら、長谷川氏を糾弾するようなツイートを行っている。
参考:「辛淑玉動画は捏造?」東京新聞望月衣塑子記者の擁護が苦し過ぎる

水道橋博士はこの望月記者の行動に賛同してリツイートしておきながら、事務所後輩の居島一平氏が同様の番組で司会をしていることには一切触れず、こちらからの問いにも答えようとしない。

オフィス北野所属の居島一平氏はDHCシアター「虎ノ門ニュース」において沖縄抗議活動の暴力を特集、その流れとして当サイトの記事「辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇」の前半部分をそのまま読み上げた。

どうしてこれは「沖縄ヘイト」と騒ぎ立てないのか?
それは水道橋博士が大手メディアに媚びて、テレビやラジオ・新聞が好みそうなコメントを意図的に行っているからであろう。

「ニュース女子」の放送内容はデマではなく、真実であったことが動画で証明されたわけなのだが、水道橋博士は未だにDHCシアターと長谷川幸洋氏を批判している。大手メディアの右に倣えでコメントしていれば仕事が貰えるという腹の内が透けて見えて痛々しい。

水道橋博士が本当に己の信念に従って発言しているのなら、同様の番組で司会をした後輩・居島一平氏も糾弾しなければならないはずだ。
居島氏自身も番組内で辛淑玉氏に対し「悪質な扇動」と批判しているので、司会として進行しただけとは言えないはずだ。

大手マスコミ、オフィス北野だけは特別なのですか?
まあ、お金を稼ぐ目的としては間違ってませんが。

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

望月衣塑子「辛淑玉動画は捏造?」東京新聞望月衣塑子記者の擁護が苦し過ぎる

森理世の慰安婦質問はミスユニバース韓国代表への妨害だったのか?





全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 【動画】立憲民主党の白真勲さん、安倍総理が憎すぎて本会議中にファーッ!ってなるハプニング発生!一時議場は騒然
  2. 野党支持者「室井佑月さん!安倍政権の官邸アカウントがネトウヨバイトを募集してるよんですよ!」←日付は2012年、民主党政権でした
  3. 速報!山本太郎「れいわ新選組」の支持率が0と判明!「0は新選組」に党名変更か?街頭演説の聴衆はただの野次馬?
  4. 室井佑月が最悪の放射能デマ「チェルノブイリから同心円状に知能が低くなっている」批判受け削除逃亡!あったことを無かった事に
  5. フライデー「山本太郎と八嶋智人が殴り合いの乱闘、NHK新選組飲み会を出入り禁止に」→八嶋智人「当事者の僕が言いますが、この記事はデマ」
  6. 【野党支持者沈黙】立憲会派・小川参院議員の息子に実刑判決、女子小中学生への強制わいせつ致傷など連続6件(保釈中も犯行継続)で懲役たったの4年?
  7. 共産党市議が放射能デマ「事故後の甲状腺癌29倍、白血病10.8倍」批判受けても反省なく「私を嫌うネトウヨが抗議している」
  8. テレビ朝日の取材用ヘリが緊急着陸!国交省が重大いインシデントに認定 なお基地反対派から「テレビ朝日はいらない!」の声は上がっていない模様
  9. 長妻昭議員の資産公開「預貯金1円」に百田尚樹さん「ミスター年金らしいから、預貯金1円でも老後は何とかなるんだろう」
  10. 東京新聞・望月記者の質問原稿は朝日新聞と判明「え~、ホムルズ海峡付近での~」菅長官「www(ホルムズ海峡やで?)」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP