再び暴言「自衛隊強姦しまくり強姦祭り」石嶺市議後援会、自衛隊関係者は法的措置を検討


石嶺香織市議がまた暴言、自衛隊強姦しまくり強姦祭り

「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」
参考:宮古島市議「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」削除逃亡
この暴言で大炎上した石嶺香織宮古島市議だが、反省もせずまた「航空自衛隊・集団強姦情報・強姦しまくり強姦祭り!w」とURL付で暴言をフェイスブックに掲載していることが判明した。
暴言は「石嶺かおり後援会~てぃだぬふぁネット~」というフェイスブックページで、先日の暴言を弁明する投稿のコメント欄に連続して掲載されている。石嶺市議と関係者が管理しているものと思われる。
ページのコメント欄に書き込まれる市議への批判はすべて削除され、二度と投稿できないようにブロックしているが、自衛隊への誹謗中傷コメントだけは多数掲載され削除をしていることも判明しており、これは石嶺市議側が意図的に残しているコメントでもある。
※記事公開後に、また削除逃亡したのでスクショを貼っておく

スポンサーリンク

管理者の意図で掲載された誹謗中傷

一見、匿名が勝手に投稿したように見えるがそれは違う。
前述のように、石嶺市議らは批判をすべて削除している。それは辛辣なものでなくとも「不適切では?」程度のものも削除し二度と書き込めないようにブロックをしている手の込みようだ。
そのなかで、自衛隊への誹謗中傷だけピックアップして掲載しているのはページ管理者の意図であることは明白。
石嶺かおり宮古島市議自衛隊中傷コメント

これはもう、辞職だけでは済まされない事態だ。
炎上の発端となった最初の暴言に関しても、宮古地区自衛隊協力会が法的処置の検討をしている最中に再度の暴言掲載。これは訴訟待ったなし!の最悪の事態を迎えていると言ってよいだろう。
参考「陸自来たら婦女暴行起こる」 | 宮古毎日新聞社

今回の暴言は石嶺かおり市議個人の発言ではないが、後援会など複数人が関与するページで意図的に掲載されていることから、関係者への責任追及も行われることが必至だ。
この暴言の根底にある思想も、他国に宮古島を無抵抗で差し出すという危険なお花畑思想から来ていることも判明しており、改善されることはないだろう。
参考:石嶺香織宮古島市議、他国に宮古島を差し出すという危険なお花畑思想
この市議を推した政党関係者は戦々恐々だろう。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民進党の池田真紀、TBS番組出演認めるもヤラセデモには言及せず

民進党の藤末健三議員が山本太郎議員をディスるNETGEEK引用





最近の記事

  1. 高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正
  2. 長島昭久議員「お、お、おま・・・!」→カナダ人死刑判決を批判された中国「カナダは法治の精神欠ける」
  3. 立民「厚労省不適切調査を追及!」足立康史議員「不正を見抜けなかった民主党が見抜いた政府を追及する」
  4. 【ヤバい沖縄】海上保安庁のゴムボートに発煙筒で放火した男を逮捕!辺野古の器物損壊事件との関連調べる
  5. 指原莉乃「松本さんが干されますように」松本人志「指原様~」本人不在のワイドナショー問題に終止符か?
  6. 【検証】リテラのイタコ芸「市原悦子が生前語った安倍政権への怒り」←実際は「安倍政権」と言っていない
  7. プロレスラー武藤敬司、ツイッターの使い方が分からずiPadに「ツイッター」と話しかけてみた結果
  8. 【国民の敵】小西議員が自衛隊野宴で自衛官の反省文を朗読→その時、自衛官とその家族のとった行動は?
  9. 最悪!国民民主・羽田議員「靖国を参拝する会」から脱会を検討、野党統一候補になるため市民団体に媚びる



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP