再び暴言「自衛隊強姦しまくり強姦祭り」石嶺市議後援会、自衛隊関係者は法的措置を検討


石嶺香織市議がまた暴言、自衛隊強姦しまくり強姦祭り

「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」
参考:宮古島市議「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」削除逃亡
この暴言で大炎上した石嶺香織宮古島市議だが、反省もせずまた「航空自衛隊・集団強姦情報・強姦しまくり強姦祭り!w」とURL付で暴言をフェイスブックに掲載していることが判明した。
暴言は「石嶺かおり後援会~てぃだぬふぁネット~」というフェイスブックページで、先日の暴言を弁明する投稿のコメント欄に連続して掲載されている。石嶺市議と関係者が管理しているものと思われる。
ページのコメント欄に書き込まれる市議への批判はすべて削除され、二度と投稿できないようにブロックしているが、自衛隊への誹謗中傷コメントだけは多数掲載され削除をしていることも判明しており、これは石嶺市議側が意図的に残しているコメントでもある。
※記事公開後に、また削除逃亡したのでスクショを貼っておく

スポンサーリンク

管理者の意図で掲載された誹謗中傷

一見、匿名が勝手に投稿したように見えるがそれは違う。
前述のように、石嶺市議らは批判をすべて削除している。それは辛辣なものでなくとも「不適切では?」程度のものも削除し二度と書き込めないようにブロックをしている手の込みようだ。
そのなかで、自衛隊への誹謗中傷だけピックアップして掲載しているのはページ管理者の意図であることは明白。
石嶺かおり宮古島市議自衛隊中傷コメント

これはもう、辞職だけでは済まされない事態だ。
炎上の発端となった最初の暴言に関しても、宮古地区自衛隊協力会が法的処置の検討をしている最中に再度の暴言掲載。これは訴訟待ったなし!の最悪の事態を迎えていると言ってよいだろう。
参考「陸自来たら婦女暴行起こる」 | 宮古毎日新聞社

今回の暴言は石嶺かおり市議個人の発言ではないが、後援会など複数人が関与するページで意図的に掲載されていることから、関係者への責任追及も行われることが必至だ。
この暴言の根底にある思想も、他国に宮古島を無抵抗で差し出すという危険なお花畑思想から来ていることも判明しており、改善されることはないだろう。
参考:石嶺香織宮古島市議、他国に宮古島を差し出すという危険なお花畑思想
この市議を推した政党関係者は戦々恐々だろう。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

民進党の池田真紀、TBS番組出演認めるもヤラセデモには言及せず

民進党の藤末健三議員が山本太郎議員をディスるNETGEEK引用





最近の記事

  1. KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする
  2. 室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章
  3. 新型コロナウイルス対策もせず立憲民主党がフェスを強行「中止による社会的影響考えた」前回は台風通過中に開催
  4. 辻元清美「鯛は頭から腐る」は誤用か?佐高信の著書タイトルで勘違い、正しくは「魚は頭から腐る」正しい使い方は?
  5. 何でも反対!立憲民主党福島県議「コロナウィルスお忍びで福島県にもやって来ました」福島県の患者受け入れを揶揄
  6. 【動画】予算委員会の審議拒否は前日から計画!立憲・福山幹事長が会見でうっかり漏らす→記者に突っ込まれ認める
  7. ラサール石井 with 山口次郎「槇原敬之の逮捕は政権批判を逸らすため」期待を裏切らない投稿に涙が止まらない
  8. 【動画】安倍総理「日本共産党は殺人などの破壊活動を行った疑いがある」本会議で維新・足立康史議員の質問に答弁
  9. 室井佑月が週刊朝日でフェイクニュース「世耕弘成・参院幹事長がデマまで流す始末だ」→デマは室井氏の記事でした
  10. 安倍総理が辻元議員に「意味のない質問だよ」→マスコミは案の定、きっかけが辻元議員のヤジだったことを報じない



最近の投稿

PAGE TOP