復興大臣を激怒させた男、辛淑玉シンパか?国会で奇声を発し衛視に連行された過去も判明


国会で奇声を発し、連行される西中誠一郎

4日の会見で今村雅弘復興大臣に執拗に絡み、大臣を激怒させた男は西中誠一郎で間違いないようだ。
彼のことをよく知る田中龍作氏がこうツイートしている。

メディアは西中誠一郎という名前は伏せ「記者」と呼んでいるが、この人物は肩書をフリージャーナリストとしているが実態は左翼活動家であり、過去には特定機密保護法に反対し国会傍聴席から市民(自称)らと「許さないぞ!」と奇声を発し、衛視数人がかりで西中氏の口にハンカチを詰め込み連行するという騒動を起こしている。
また、調べてみると辛淑玉氏の演説動画を自身のYouTubeチャンネルにアップロードするなど、シンパではないかと思われる形跡が見つかった。取材対象も左翼活動に特化しており、ツイッターアカウントをみればその偏向ぶりが見て取れる。

スポンサーリンク

やっぱり出てきた辛淑玉関連

西中誠一郎氏のYouTubeチャンネルにはこんな動画がアップロードされている。
2014年の都知事選に宇都宮健児氏が立候補した際に、辛淑玉氏が応援演説した動画である。

動画内容のほとんどが宇都宮健児氏の演説で、辛淑玉氏は冒頭に数分間応援演説をしているだけだ。これを「辛淑玉氏応援演説」とタイトルに入れるということは、一定のシンパシーは感じているのだろう。
※この動画で辛淑玉氏は自身に「選挙権がない」ことを強調したが、公選法上は外国人の選挙運動について規制がない。

また、東京MXのニュース女子問題に関してのツイートでも、辛淑玉氏の名前が出てきている。

プロフ説明がエグイほど偏っている

この西中誠一郎という人物はツイッターアカウントを二つ所有している。(規約違反で凍結対象)
まずはコチラのアカウントから。国会で衛視に連行されたことが名誉なことと思っているらしいが、メディアは完全にアレな人と認識してニュースにはしなかっただけなんですが・・・
西中誠一郎アカウント1
3.11後は集会やデモでアップアップの日々。原発事故被害者の権利救済を!再稼働、原発輸出反対!憲法改悪、歴史改ざん、「愛国心」の押しつけするな!人権が尊重される生きやすい社会の実現を!※ ヘッダーの絵画は曺良奎(チョ リャンギュ)「マンホールC」(1959年)。

国会で騒動を起こし連行されたときのツイート。

そして、もう一つのアカウントもエグイ。
西中誠一郎アカウント2
入管難民、歴史認識、植民地問題、朝鮮学校、在日外国人コミュニティ、先住民族の権利、原発、監視管理社会化等を取材しているフリー記者、ビデオ制作してます。学生時代はOBOE吹き。ヘッダーの絵は敬愛する曺良奎(チョリャンギュ)「マンホールC」(1959年).今年は「敗戦70年」「日韓基本協定50年」。気合い入れ直します!

基本的なスタンスは外国人の権利を守りつつ、反原発などの反対運動などに特化している。
このような人物をマスコミは「記者」と報じて良いのだろうか?

【引用方法】 引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

女性自身が籠池さんを中傷籠池さんは人格攻撃をする女性自身を訴えるべき、混乱に乗じてやりたい放題

田中龍作、そこまで言って委員会出演復興大臣を怒らせた記者は絶賛、時事通信記者は叱責する田中龍作のダブスタ

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。

KSL-Live!ツイキャス

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 韓国被爆者団体がBTSを擁護「日本は純粋な活動を妨げないで!むしろ、Tシャツで原爆の被害を伝えた」
  2. 立憲民主党・市民クラブの今井雅人議員にブーメラン?公選法違反の巨大看板設置疑惑←誤解もあるので解説
  3. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  4. NHK「見てもいないのに見たことにされるネット広告の情報くれ!」←見てないNHKに受信料取られた
  5. 食い下がる朝日記者を麻生大臣がバッサリ「朝日新聞からみても厳しいだろう。厳しいと思っていないのか」
  6. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  7. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  8. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  9. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  10. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP