復興大臣を怒らせた記者は絶賛、時事通信記者は叱責する田中龍作のダブスタ


田中龍作、そこまで言って委員会出演

4日の会見で今村雅弘復興大臣を意図的に怒らせた記者の正体は当サイトで報じた通り「活動家」であった。
復興大臣を激怒させた男、辛淑玉シンパか?国会で奇声を発し衛視に連行された過去も判明

この会見での無礼な振る舞いに関しフリージャーナリストの田中龍作氏は「彼はどこに出てもブレずに権力を追及する。映像を視聴して 何だ、いつもの西中じゃないか」と絶賛している。しかし、田中龍作という男を一躍有名にした一件を皆さんは覚えているだろうか?

「説明しろって言ってんだよ!」「君はどこの記者だ!」鉢呂氏の辞任会見が大荒れに(BLOGOS編集部)

ネットが暴いた記者クラブメディア暴言事件の顛末-【田中龍作】

スポンサーリンク

反原発・反TPPの大臣なら庇う

2011年、民主党政権時、鉢呂吉雄経済産業大臣辞任会見で無礼な態度で質問を繰り返した時事通信記者に、

「そんなやくざ言葉やめなさいよ。記者でしょう。品位を持って質問してくださいよ!」
「恥ずかしいよ、君はどこの記者だ!」

こう叱責して絶賛されたのが田中龍作さんです。今回、今村大臣に無礼な質問を繰り返した西中誠一郎さんにも同じことが言えるはずですが、どうして今回は絶賛しているのでしょうか?
時事通信記者が鉢呂大臣を詰問したことを会見中に厳しく叱責したことには筆者も「よく言ってくれた」と思ったが、今になってみればあれは「反原発・反TPP」の大臣に田中龍作氏が肩入れしていたのではないかと思っている。

当時、保守色の強い番組「そこまで言って委員会」にもゲストとして招かれ、その行動を称えられていた。
田中龍作、そこまで言って委員会1
写真:http://themeybepress.seesaa.net/article/228469026.html

この番組内で、田中龍作氏は鉢呂大臣の辞任に関してこう語っている。
「私は鉢呂大臣の『反原発』『反TPP』が虎の尾を踏んだように思えてならない・・・」
田中龍作、そこまで言って委員会2

要するにメディア陰謀論で鉢呂大臣を庇ったわけだ。
写真:http://themeybepress.seesaa.net/article/228469026.html

結局、この番組の最後には金美齢氏からサングラス着用を指摘され「狙われている」的なことを言って失笑されている。が、先ほどのVTRで使われた写真ではサングラスを着用していない。適当なことをいう人間なのか。
田中龍作、そこまで言って委員会3
田中龍作、そこまで言って委員会2

田中龍作氏は会見の後日、問題の共同通信の記者を直撃し、こう迫っている。

田中:国民の選挙で選ばれた人を
あなたいやしくもやくざ言葉で罵倒したんですよ。
どうしてコソコソ逃げるんですか?
国民の選挙で選ばれた人じゃないですか。鉢呂さんは・・

出典:http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-818.html

同じことを西中誠一郎記者にも言ってくれ。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

国会で奇声を発し、連行される西中誠一郎復興大臣を激怒させた男、辛淑玉シンパか?国会で奇声を発し衛視に連行された過去も判明

山本太郎が「反対派市民がうるさい」と安倍首相に直訴山本太郎が安倍首相に「共謀罪反対市民がうるさくて仕事にならん!」





最近の記事

  1. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  2. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  3. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  4. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  5. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  6. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  7. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  8. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  9. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  10. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP