デマ「安倍が地下鉄止めた」しばき隊の野間さん「駅員に文句を言おう」


野間易通さんのツイート 改札入るときと出るときに、ひとことずつ駅員に文句を言おう。「失敗したミサイル実験でいちいち電車止めてんじゃねえよボケが」 https t.co 4HqlQKa3o4

29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射したという報を受け、一部の鉄道会社が一時的に運行を停止した。
東京メトロでは午前6時過ぎから約10分間運行を停止、北朝鮮のミサイル発射に伴う停止であることがアナウンスされた車両もあり、乗客に緊張が走った。この措置は国土交通省からの指示ではなく、各社の任意で行ったものである。
参考:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966261000.html

これに対し、左翼界隈では「安倍が地下鉄を止めた」というデマが飛び交い、「緊張と行動による統率、服従」などと言い出す始末。この界隈にとっては、北朝鮮のミサイルによる死者・負傷者が多い方が好ましいのだろうか?
地下鉄は特に、ミサイルから避難する市民が地下に殺到する可能性を想定しているので、着弾しなくても安全確認しなけりゃ運行できないんですが・・・

それでは、ここで左翼界隈の妄想とデマを見てみましょう。

スポンサーリンク

安倍が電車を止めた、大馬鹿野郎

北からミサイル撃たれるかもしれないからと地下鉄止まった。大バカ野郎安倍政権 www

Masamichi Tanakaさんの投稿 2017年4月28日

森友デモを主宰し、安倍を告発する!と拳を振り上げたものの内ゲバが勃発。菅野完さんからは「元ヤクザを名乗り脅された」と警察に駆け込まれた田中正道さん。もうちょっと冷静に考えてから発言されたほうが良いかと・・・
参考:速報!福島瑞穂も参加の森友デモ代表者が警察へ出頭、菅野完への脅迫か?
コメント欄では勘違いによる「アベを許さない」が殺到しているようです。速やかに訂正と謝罪を。


いやいや、ミサイル発射の報はJアラートではなく韓国の報道から。それが日本へニュースとして伝えられたので東京メトロは運行を休止して確認、発射失敗のうえ10分経過で着弾の様子もないので運転再開したんですよ。


ガースーが止めろといった言った事実はありません。
無論、安倍さんも言っていない。


東京メトロが原発を止めれるはずがない。
あと、鉄道会社はJRしかないと思っているようだが、それは間違いだ。


ご苦労様ですアニキ。
そこそこヤバイですね、このツイート。


笑われてるんでしょうね。
サヨクをつまみに今日も酒が美味い。


論外、日本人に死んでほしいのか?
金正恩みたいなイカレポンチを信用しているのか?せめて、君たちが嫌いなアメリカのトランプ大統領は疑ってくれ。アイツが撃ったら北も打つ。

野間さんのタイムラインだけで、これだけの大漁です。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

真っ白なブーケを持った、ウェディングドレス姿の新婦(花嫁)のイラストです。特ダネ!「脱独身」を批判する連中こそ菊川怜へのハラスメントだ!

鈴木まりこ「嘘ばかり、これが小池百合子の正体!」←都知事選で小池百合子を支持したことは無かった事に4速報!鈴木まりこが小沢・山本太郎の自由党から立候補、ビジネス右翼だった?





最近の記事

  1. 馬淵澄夫元国交相が繰り上げ当選で議員復帰、樽床伸二議員が補選出馬で辞職→当選の場合、自民党入りか?
  2. 共産党活動員から暴行受けた区議に脅しか「即死させても無罪」「実質的に消去」ブログで中核派に呼びかけ
  3. 枝野幸男、辺野古以外の解決策「今後言わない。外交上の問題になる」菅政権で模索←辺野古しかないのね
  4. 共産党の説明テンプレ暴露「選挙活動ではなく赤旗の販売宣伝活動」公選法違反指摘に言い逃れ指導部が支持
  5. また東京新聞・望月記者が嘘「ハンストの元山さんの質問で長官は笑ってた」←笑われたのは望月記者でした
  6. 立憲・枝野代表、レーダー問題に渋々言及「我が方に理がある」一方の韓国は「秀吉の朝鮮出兵」を持ち出す
  7. 維新・足立康史議員がNHK森友報道に苦言「社長は地中ゴミはあると明言した。NHKしっかり報道しろ」
  8. 【続報】落書きで逮捕された男組元メンバー・手塚空、バンクシーを引用しTW「どんどんスプレーを手に」
  9. 【速報】反差別団体「男組」の手塚空・元メンバーを逮捕、黒色スプレーで落書きをした器物損壊容疑
  10. 【日本共産党】公選法違反指摘され活動員が暴行・脅迫か?被害の杉並区議は全治2週間、刑事告訴を検討中



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP