オークション取引に関するお願い


いつもKSLオークションのご利用ありがとうございます。
2012年1月に開設、2012年6月に新システムへ移行して1年と3ヵ月が経過しました。

この1年3ヶ月で起こった取引に関するトラブルと規約違反を事例とし、あらためてユーザーの皆様に法令と規約の順守、モラルについてお願い申し上げたいと思います。

スポンサーリンク

※時系列はバラバラです。

1.不適切画像の添付
 一部で話題になった「トラにまたがるオバチャン」・・・問答無用の削除です。
 出品に関係のない画像は論外、著作権者に許可を得ない画像盗用も削除となります。
 画像の未添付に関しては、結構甘く見てます。過度の期待を煽るような希少種や、入札者が不安に感じ画像添付を求めたとき、それを拒否する場合は出品削除もあります。

2、吊り上げ
 駄目なものは駄目です。
 個人の意見として「入札限度額を入力したのは入札者」というのも理解できますが、
その入札限度額とは、「安く落札できるかもしれない」という期待と「この商品が欲しいけどこの金額が限界」という微妙なバランスで入札者が設定した金額です。
 最初から低額落札の可能性がなく、限度額まで引き上げられると思えば入札しなかったでしょう。
 これは出品者が「安く落札できる可能性もありますよ」と嘘をついて入札を募っているも同然で、詐欺商法と言われても仕方がないでしょう。
 そもそも、こっそりと行ってる時点で犯意は明確です。
 吊り上げに限りませんが、どんなに多く出品していても例外はなく、実際にアカウント停止を行っています。

3、争い
 どこの世界でも同じですが、取引に関するトラブルは自己責任です。
 しかし、一方的かつ理不尽であったり、社会的地位や業界内での知名度を背景とする圧力と感じたらサポートへ相談してください。
 不審な点は問い合わせていただいて結構ですし、相手側に不法・規約違反が認められる場合は運営が判断もします。
 絶対にやめて頂きたいのは、伝言板や出品ページでの中傷や揶揄。どちらが良い悪いに関わらず一旦アカウントを停止します。
 また、争いと言っても、出品者(販売者)と入札者(消費者)という大きな差を理解できない出品者はご利用をお断りします。
 多少、不快になったり迷惑を被ったとしても相手はお客様であるという認識は必要です。
 出品者としても不快なユーザーと争って自分の信用を貶めるより、冷静に対処しておいたほうが得策でしょう。
 それでもなお、理不尽な要求をする入札・落札者は運営側でアカウントの停止等を行います。
 あくまで入札・落札者は「消費者」として丁重に扱ったうえで、公正な判断を行います。問答無用で落札者の言い分が通るわけではありません。

4、報復評価
 「報復」ですから、一般社会ではやってはいけない行為の一つです。
 極端な話、犯罪性がなければ「悪い」評価は遠慮していただきたいです。
 どうしても悪い評価を付けたい理由があれば仕方ないですが、コメント内容が冷静さを欠く内容ですと評価を付けた側も信用を失います。
 なかには、法でも規約でもない独自の取引ルールに従わないからと言って、評価を盾に恫喝するような方もいますが、「そこまで言われて買いたくない」が入札ユーザーの本音でしょう。
 理不尽な評価を受けたらサポートにご連絡ください。

5、メールや電話での勧誘
 ガイドラインを設けにくい難しい問題です。
 多数苦情を頂いている最大の懸案事項とも言えます。
 事例としては・・・

「過去に取引した出品者が入札を頼んできたり、金額の上乗せを煽ってくる」
「オークションでの取引を期に、直接標本を売り込んでくる」
など・・・

 原則的に、オークション機能以外を用い取引に影響を及ぼすことは違反と見なされます。
 また、伝言板等を使い追加の注文などを行ったり、追加の購入を勧める方が散見されます。これらの行為は、外部から見えない「闇」の部分での取引を運営側が提供しているとみなされ、不法行為があった場合はオークションの存続も危ぶまれますのでご遠慮願います。

 オークションでの取引を期に、良好な人間関係が始まることもあります。
 しかし、内容と頻度によっては迷惑と感じ、苦情を申し立てる方もいますので、節度ある案内をこころがけて下さい。
 電話でのやりとりに関しては、よほど相手との信頼関係がない限り控えた方が良いでしょう。

6、違法種の出品
 論外です。
 関連法令で輸入できない種は、繁殖個体でも出品できません。
 また、「規制前」と表記されていても詳細が不明な場合は警察や自治体から削除要請の連絡があります。
 規制前なら問題ないので出品は可能ですが、違法種を捕まえて規制前と表記すれば儲かるという印象を与える出品は、警察から「犯罪の助長」という伝家の宝刀を抜かれたら従わざるを得ません。
– – – – – – – – – –

 他にもいろいろと懸案事項はありますが、主な事例は以上です。
 特に、吊り上げに関する部分はKSLが無料に拘る理由のひとつでもあります。
 吊り上げを放置して落札金額が高騰し、運営は手数料の名目で利益が増すという腐敗構造を生みかねません。

 また、KSLでは一切の勧誘を行っていません。
 売りたいという出品者が、売りたいときに売りたい場所で出品するのが当然の権利であり、他のオークションへ出品したいと考えても、一度勧誘に応じるとそれも遠慮してしまうでしょう。
 売れもしない数の出品をいくら並べても見世物でしかありません。
 出品勧誘という行為は、売りたい人、買いたい人のバランスを崩すうえ、公正な判断を鈍らせる結果にもなります。
 
 KSLでは一切の勧誘致しません。
 ※自信があるから電話しません! のアスカコーポレーションとは関係ありません。

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

昆虫飼育における「放置」は悪か?

虫を野に放す理由とは何か?




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. NHKがファーウェイの新型スマホを宣伝「安い!高精細!急速充電!」日本の皆さんへの熱いメッセージも放送される
  2. 竹田恒泰講演会へのテロ予告を祝福した共産党・柴野あすか市議 削除→謝罪も前川喜平の講演会を固定ツイートにしたままで再炎上
  3. 森ゆうこが記事削除を要請?第三者介し「大変なことになる」→音喜多駿「削除しない、理事会で時間通りと確認されたいう主張もごまかしだった」
  4. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠→「10枚来た」初鹿明博議員の支持者(後援会長か?)「お世話になりました」
  5. 【動画】足立康史議員「共産党と同じ行動をとるのが死んでも嫌だから」維新が内閣不信任案に反対する理由を明かす
  6. 長尾たかし議員が暴露!「民主政権の桜を見る会、後援会固めに使うよう党本部から指示があり招待者リストを出した」
  7. 【動画】桜を見る会 民主党政権の議員推薦枠を立民・福山幹事長が認める「数名の議員に対する枠があったと聞いた」
  8. 虎ノ門スタッフが森ゆうこ議員に直撃!スタッフ「高橋教授のあれ、アメリカ時間では?」森「わかんなーい。」
  9. スクープ第2弾!民主党政権「桜を見る会」に議員家族も参加 元長岡市長「黒岩、菊田、森ゆうこ各議員とそのご家族にお会いした」
  10. 東京新聞「時に敗者は醜くくもなる、銀メダルの表彰は偽善ではないか?」→世界中の銀メダリストに謝れ!



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

最近の投稿

PAGE TOP